音楽

2017年10月 9日 (月)

修行が足りん

朝に歯を磨いていると外から昔々に聞き覚えのある涼しい空気に響き渡る「こっこっこっ…」との音が何度か聞こえてきた。
忍び足でベランダに近づき、ガラス越しに茶色い葉が増え始めた桜の木を目で探ると、幹にスズメよりチョット大きい、白黒の横縞と黒い羽がとてもおしゃれな「こげら」(小啄木鳥)と思われる鳥が二羽、忙しそうに動き回りながら幹をノックしていた。
ε= cccccO^ ハ~イ ドチラサマ?

我が家の窓から日常的に見かけるのはカラス、雀、鳩の他に、季節に合わせてウグイス、メジロ、ヒヨドリ、シジュウカラ、オナガ、ムクドリ等々いるが、「こげら」をじっくり見たのは初めてだった。
スマホを持ち写真を撮ろうとしたが、離れた木の幹に動き回る小さな訪問者の姿を明確に撮るのはスマホには無理な距離だった。

一眼レフと望遠レンズも持ってはいるが、残念ながらフィルム式なので、今は引出しの奥が棲家になっている。
子供密着取材用に長年大活躍をしてくれた小型デジカメも有るが、今はその役を画素数で勝るスマホに譲っていて、現在は放電されたままのご隠居状態だ。
いずれも使わないだろうと思ってはいるものの、私と同じ感動の場面をともに見てきた仲間なので捨てる決心がつかない。

子供が成長した昨今、カメラを使う頻度が少なくなったうえ、食事管理をしているこの身なので行動範囲が狭くなった事もあり、高額なカメラを買うのは身分不相応と半ばあきらめてはいるが、今回のように珍しい鳥に出会ったりすると、一眼レフのようにスピーディーにシャッターを押せるカメラが欲しくなる。

鳥が去った後のそんな不満を解消しようと、ルーペと虫眼鏡を前後に並べてスマホ用の望遠レンズを作れないかと考えたり、WEBでスマホ用の安価な望遠レンズを探したり、持っているレンズ達が使える一眼レフの中古デジカメを物色したりしたが、自作望遠鏡では使い勝手が悪いし、安物レンズ購入は後悔しそうだし、中古といえども高価な一眼レフは贅沢すぎるようで、何の決心も出来ずにWEBを閉じることとなり、更に不満がつのった。

ため息をついてどうしようかと椅子に寄りかかり天を仰いだらフッと、最近出番が少なくなっていたビデオカメラにスチル(still=静止)画像を撮る機能が有る事を思い出して早速、使い慣れないスチル機能に戸惑いながら撮ってみた。

最初は接写能力確認のために秋海棠の花に挑戦。

Pic_0408お~っ!こんなに可憐に撮れました。

次は夜になり、ニュースで話題の中秋の名月を内蔵光学ズームの望遠で撮ってみた。Pic_0412_2お~っ!!!これも秋冷の空に銅鏡の様な古を思わせる姿が凛と撮れました。

ビデオにオマケのスチル機能なんて…と軽んじていた私の勉強不足、修行が足りんな~、と名月を見上げながら反省した。

そんな反省からあらためて、私の持っている撮影機器(スマホ、デジカメ、ビデオカメラのスチル機能)の特性を比較してみると、
・立ち上がりの速さではデジカメ
・ズーム力ではビデオカメラ
・画素数ではスマホ(>デジカメ>ビデオのスチル画像)
が、それぞれ優れている事が分かった。
被写体に合わせて機器を選べば良い写真が撮れるし、全部持っても一眼レフの古いズームレンズ一個程度の大きさと重さなので持ち歩きには支障が無いと大いに納得し、ざわめいた心を鎮める事が出来た。
三人寄ればなんとやらではないが、老三カメ寄れば高級カメラだ。
( ^ω^ ) メデタシメデタシ
フィルム一眼レフ→ 【´◎ `】 ワタシモ イレテ~ッ

2015年3月 9日 (月)

スッパイは成功のもと

卵をベースとしたアスパラガス丼を作ろうと、鍋の水にダシ割醤油を入れた後、隠し味に酢を少し加えようとしたら、ドバ~と注いでしまった。

|||(◎ ̄ロ ̄◎;)|||ガーン!

 

少量の酢は塩味を補ってくれるが、この量では酸っぱすぎる~、で、どうしよう…

料理素人の私が精いっぱい考えて思いついたのは、酸っぱい+砂糖=酸っぱくない、程度だ。

慌てて砂糖を多めに加え、アスパラに火が通った所で軽く溶いた卵を加え、卵が所々白くなったら出来上がり。

熱いご飯にのせて恐る恐る食べたら、甘い!スッパイ!!…うっうっうっ…旨~い!!!

砂糖を入れても酸っぱいけれど、まろやかな甘味と重なりとても美味しく、あっという間にたいらげてしまった。

 

私は酢の漬け物は好きだが、火を通す酢豚のような酸味の強い料理は好みではなかったので、今までは避けていた味だ。

しかし以降から、甘酢仕立ての料理を何度か作ってみたが何れも美味しかったので、その中で特にお気に入りの「甘酢茄子ピリ辛炒め」を私のホームページにアップした。

 

見た目はマーボーナスに似ているが、高タンパクの味噌を使っていないのでひき肉の量も少し増やせ、低塩低蛋白に仕上げられた。

 

たまには失敗も役に立つものだ。

無料ブログはココログ