住まい・インテリア

2011年12月29日 (木)

LED電球

我が家でも出来るところから、省エネを始めています。( ̄Д ̄;;  トウゼン
冷暖房を弱めにしたり、変えられる白熱球を蛍光灯にしたりしていましたが、量販店に行った時、センサー付LED球が目にとまりました。

我が家には「ワタシがちゃんとつけておいたトイレのでんき、だれがけしたのよ~」
(`へ´)プンプン、
と抗議するチビちゃんがいます。
確かにチビちゃんにしてみれば、高所のスイッチをいじるのは大仕事。

消費電力が減り長寿命、オンオフが自動で、消し忘れも無くなれば一石三鳥なのですが、下がったとは言え高価格商品、使ってみて意外な落とし穴があるとガックリしてしまうので、試しに一個だけ購入しました。

取り付けは白熱球と同じでソケットにねじ込むだけ、カンタンで~す♪。
まだ暗い朝、一番鳥の私がドアを開けると、瞬時に明かりを灯してくれますので、思わず電球に向かって「おはよう」と言う言葉が出そうになり、朝から気分ヨシ。

このLED球は、人の手のひら半分で瞬時に反応しますが、超ゆっくり動く人や動かなくなった人には反応しません。
ムフフ…よし挑戦!!と、感応範囲を見つからないように超スローモーションでの通過を、何度も試みましたが連敗中。人には見せられない仕草なので、密かに現在でも挑戦しています。
へ(・_・へ)┌ ソロリ…ソロリ……

人を感知できなくなると、約五分で消灯しますが、これは長い短い、と賛否が分かれました。
総合評価は合格と判定、ネットから更に安いセンサー付きLED球を数個購入し、その一つがトイレに取り付けられました。
これで消し忘れは解消、チビちゃんも満足してくれました……でも問題が一つ。
点灯消灯がお任せになってしまったそのトイレに夜中に行った時、ドアを開けた瞬間いきなりピカ~とやられるので、目の前が真っ白、寝ぼけていた頭がクラクララ~  (((゚o゚)))
いきなり顔にニンニクをぶつけられたドラキュラもこんな感覚なんだろう、と勝手に想像していますが、同じ失敗を何度しても学習できない自分が悲しい (ノ_-。) グスン

無料ブログはココログ