« マイナカードのシステム大丈夫? | トップページ | 赤血球容積(MCV)が上昇傾向 »

2024年5月 6日 (月)

今回の定期検診結果

前回の定期検診から今回までの約三か月間に発症した異常について相談も兼ねて幾つかの報告をした。

不整脈では発作性の心房細動は一度も起きなかったし、又、頻脈(100回/分)も一分弱続いたことが一度だけだったがそれ以外の脈の乱れは頻繁で、ドン グニャとかドン トン グニャとかの連続と正常脈を繰り返す。

寝ている態勢でも続くがこの場合は徐々に頻度が減りそのうちには眠ってしまうのでその間の不整脈がどうなっているかは分からないが、目を覚ました直後の脈の乱れは強く気分の良いものではない。

とは言え、この乱れが発症していても苦しいとかの症状は無く、又、散歩などの運動時では脈の乱れの自覚は無いので、心配すべきか否かの判断ができないでいたのだが、最近短期間で背中や胸に突然の締め付けられるような痛みが左肩に二度、右胸に二度各五分程度継続したことで、心筋梗塞かと心配になり今回医師に相談をしてみた。

医師の見解によると、
「心筋梗塞による痛みは胸や肩等左右に関係なく発症するのでその可能性も有り、出来ればその状態の時に心電図を録ることが望ましいのだが、その発症を待つことなく近所のかかりつけ医と相談をしてホルター心電図を録り、以前の心電図と照合することにより危険な方向に変化しているか否かの判断をするのが望ましい。
そこで、危険が判明した場合は次回の定期検診を待たず直ちに心臓内科の予約をとって来院するように」
とのことだったので、連休明け後の医院が空いた頃にでも相談をしてみるつもりだ。

次に相談をしたのは区の検診での胃内視鏡検査の結果についてだ。
結果の所見説明では、ポリープが一つありこれは経過観察で良いとなったが食道カンジタ症とも告げられ、薬物により症状は治まるものの私の様に日常的にステロイドを吸入している限りはすぐに再発をするので完治は困難との説明だった。

特にひどい胸やけ等の症状が無ければ様子を見るしかないとのことだったが、最近にひどい胸やけを数度経験しており、その原因がカンジタによるものか否かは不明だが、念のために吸入したステロイド剤を早く食道から流し去るために吸入を寝る前から夕食前に自己判断で変更したのだがこれで良いのか医師に訊ねた。

医師の見解では「胸やけが治まるのならそれでよい」とのことだったのでしばらく続けてみて来年も胃内視鏡検査を受けるつもりなのでその結果により吸入時間をずらした効果を確認しようと思っている。

閃輝暗点症の頻発も医師に報告したが医師からは様子見以外のコメントは無く今のところは処置の方法が無いようだ。

何が有ってもおかしくないお年頃…慌ててもしょうがない、のんびりいきましょう。
Photo_20240506145201

« マイナカードのシステム大丈夫? | トップページ | 赤血球容積(MCV)が上昇傾向 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マイナカードのシステム大丈夫? | トップページ | 赤血球容積(MCV)が上昇傾向 »

無料ブログはココログ