« 浜離宮恩賜庭園に行ってきた | トップページ | 井の中の蛙 »

2024年3月26日 (火)

出不精の理由

先日のブログで私は出不精だと書いた。
お出かけ好きの方に多々好きな理由があるように、私の出不精好きにも多少の理由はある。

思いついた順に羅列すると一般論として
・外より安全
・ラクチン
・金がかからない
・部屋の中には楽しいことがいっぱい
世界の情報は新聞TVラジオPCスマホ等で確認できるし、娯楽だって動画や音楽も家族のサブスクとやらのおまけ会員となり見放題聞き放題、更に遊びだってゲームアプリやおさがりゲーム機で、何れも中毒と言われる程ずーっとお付き合いしたくなる魅力的なグッズだ。

とは言え外出が嫌いなわけではない。以前は
海にも
201710262127_001


山にも
Photo_20240326144301
度々出かけた。

その私が出不精を選んだ最大の理由は食事だ。
腎機能保存期の方の食事管理法はいろいろ有ると思うが、私は食材の食品成分表に基づき計算をしながら料理をしているので、外出時の食事はあらかじめ自分(家族)が作った料理を持参するか、外出先で料理をするしかないのだが、そこまでして(してもらって)外出する意欲がわかない。

仮に外食で何とかしようとすると味付けしてあるものは塩分の関係で避けなければならないし、調味料を使っていない刺身のような物を食べるにしても蛋白制限からその量も僅か、大雑把でも安心して食べられるのはドレッシングがかかっていない野菜サラダくらいだ。
旅館での豪華絢爛な食事、ホテルでのきらびやかなバイキング、その中で重さを計りながらでも食べられる料理はごく一部…なのに、料金は他の方と同じ…最近よく耳にするコスパとやらが悪すぎるのでもったいない。

家にいれば、
Dsc_3850
いつものチャーハンにたった3g程度のカレー粉を加えただけで美味しいカレー炒飯モドキが成分の心配なしに腹いっぱい食べられるのに。

それなら、食事を伴わないプチお出かけは?これも結構厄介なのだ。
家にいても毎日家族と自分で三食の食材の準備をして料理を作らねばならず当然この作業に休暇日は無い。
私の一日の自由時間は、
24時間 - 寝る時間 - 料理の時間-食事の時間-必須の家事 ≒ 2時間前後
となり、この時間で外出できる範囲はかなり限定されてしまう。
よって一人遊びも大好きな私は家の中にある魅力的なグッズの虜になっているのが現状だ。

近年医師に強度な骨粗鬆症と告げられて、週に三日散歩をして他の三日は体を動かすゲームを、あと一日は運動の休日、としたのだがそれによりさらに自由時間は減ってしまった。
よってプチ外出にも覚悟と周到な準備が必要となってしまっているのでそれも腰が重くなる理由になっている。

医師への「たまには食事で羽目を外しても…?」との質問はバッサリ却下されているので、今のマッタリした腎機能の悪化速度では幸運にも一生この生活なのだろう。
けれど、ストレスが溜まることはあまりないのは性(さが)と育った環境によるものだろう…iPS細胞等により腎臓が出来るのをのんびり待つとしましょう…2027年頃までにとかの記事を見た…生きているかな…始まっても透析している人が優先みたい…なかなか順番が来そうもないけれど、サラリーマン時代には手が届かなかったゴルフのゲームでもしながら待つとしよう。

« 浜離宮恩賜庭園に行ってきた | トップページ | 井の中の蛙 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 浜離宮恩賜庭園に行ってきた | トップページ | 井の中の蛙 »

無料ブログはココログ