« インターバル速歩と水 | トップページ | 2022/11定期健診 »

2022年11月21日 (月)

5回目のコロナワクチン

オミクロン対応ワクチンの接種券が届き、先日のインフルエンザワクチン接種から3週間経過後あたりを狙って予約しようとしたが空きが無く、結局4週間後に予約が取れた。
その矢先、私が接種予定のオミクロン対応ワクチンを接種した方が数分後体調不良を訴えて亡くなられたとの報道が有った。

原因はワクチン接種によるアナフィラキシーショックの可能性が高いそうだ。
その報道を耳にしても、自分は過去既に4回も接種していて大丈夫だったと不安を打ち消そうとしたが、その方は4回目の摂取の時の症状と聞き心が大いに揺れた。

それでも、アナフィラキシーショックは一般的な事故と同じでワクチンに限らない、それに私の行く接種会場は総合病院なので、仮にショックを起こしても適切な治療を受けられると、か細い勇気を奮い立たせて接種会場に向かった。

ワクチン接種の流れは、私が慣れたことも有るのだろうが回を重ねるごとにスムースに進み15分前後で受付から接種まで終り、15分の休憩後何事もなく接種会場を出てスーパーに立ち寄り帰宅をした。

接種後は毎回発熱をしたのでその晩も発熱を想定し、その後の解熱時の発汗に備えて枕元に下着2セットとタオルを準備して眠りについたが発熱せず、今回発熱したのは翌日の昼(接種の約20時間後)頃だった。
過去の接種の記録をみると、2回目接種時も似たような発熱傾向だった。

その発熱の中、ホルターの結果が届いているとの連絡が医院から来たが、結果が気になるもののその日は行くのを断念した。
昼食後4時間ほど布団に入っていたが、熱は普段より2℃ほど高かったもののその他の症状は軽微なので起きてしまいパソコンの前に座り、ネットビデオをしばらく見た後ブログの下書き等、その日は無理をせずに過ごした。

夕食となり体温は計らず平熱(微熱が有ったのかもしれない)に戻ったと宣言して晩酌をした…熱があったら禁酒と言われるので…
(;^_^A
インフルエンザワクチンもコロナワクチンも接種したし、これでひとまずパンデミック迎撃態勢は整った。

所で翌日には熱が下がったので気になるホルターの結果を聞きに行った。
医師からの説明には漢字とカタカナが多くてよくわからなかったが、恥を忍んで「要するに何?」と聞くと「脈の乱れは色々出ているが心臓への血流異常は認められないので緊急性はない」とのことらしく、また、新たな抗不整脈剤やアブレーションの検討が必要の様だが、それは後日の腎臓定期検診の医師に相談するようにとの指示だった。

期外収縮と思われる不整脈が略1日出たり引っ込んだりの昨今だけれど、どうにかなるものなのでしょうか…それとも「もう年だからね」で終わるのでしょうか。

Dsc_0245

« インターバル速歩と水 | トップページ | 2022/11定期健診 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« インターバル速歩と水 | トップページ | 2022/11定期健診 »

無料ブログはココログ