« フラフラ対策その後 | トップページ | インフルエンザワクチン »

2022年10月17日 (月)

しつこく鳥皮炒飯

卵を使わずに何度か鳥皮とそこから出る鳥油での炒飯作りをしたが不満足だったと先日に述べた。
卵を使わない理由は鳥皮も使うと昼食で計画している蛋白の摂取量が多すぎるからであって味云々からではない。
それがやっと何とか納得がいく味となったのでブログに載せた。

以前のブログの通り、最初は鳥皮を好みの焼き具合まで炒め、出来たら油分を残し鳥皮だけをご飯の上に乗せる。

Dsc_3068

下の写真には椀と皿が写っているが椀の中の具はスープ用で、中には市販の茹でてある冷凍ほうれん草、自分で茹でて冷凍をしたナメコ、そして台形の物は鶏肉の煮汁を製氷皿で冷凍をしておいたものだ。
皿の上の具は炒飯用で赤黄緑の彩りが市販冷凍ミックスベジタブル、そして刻んだ長ネギ、生姜、ニンニク、真ん中の赤いのは鷹の爪だ。
Photo_20221017141801
このように私の作る料理には冷凍した(&された)食品が大活躍する。

先ずフライパンに残した鳥油で皿の具をまず炒めて、次に鳥皮の乗ったご飯にダシ割醤油をかけてからフライパンに加えて炒飯を作った。
普段は有り合わせの器にフライパンからパラパラと乗せるだけだが、今回はホームぺージに載せるかもしれないのでちょっとお洒落に盛り、粗挽き胡椒をパラパラ振ってみた。
Photo_20221017141703
スープは椀の具を電子レンジで温めて、そこにダシ割醤油と熱湯を注いで出来上がりだが、鳥肉のだし汁により見た目も味もスープ感たっぷりだ。
Photo_20221017141701
スープと並べてΨ_(^O^)_P頂きまーす。
Photo_20221017141702
味音痴の私の評価なので的外れかもしれないが、サラダ油と比較すると鳥油炒飯はマッタリコッテリ感が有る。
鳥皮は多少のカリカリ感が有る丁度良い歯ごたえだったので十分美味しく出来上がったと自画自賛をしている。
ホームぺージに載せる準備をしなくては…いつになるかはわからないけれど。

話は変わるが先日のブログで速歩での散歩を始めたと書いた。
速足になっているか確認の為に、webの地図から歩いた距離を調べて確認をしたら2.25kmだった。
かかった時間から平均速度を求めると98m/分で時速に換算すると5.87Km/時だった。
日本人の一般的歩行速度を調べると48~60m/分、時速では2.9~3.6km/時らしいので、私の歩く速さは速歩にはなっているようだ。

しかし、効果的一日の歩行距離は7キロ以上で、時間にしたら1.5時間前後が良いとのサイトを多く見かけ、それからするとまだまだ修行が足りないようだが、ガタが来ている体なので暫くは無理をせずに、気長にやろうと思っている…健康維持の為ならその半分でも良いとの記事も有ったしね。

 

« フラフラ対策その後 | トップページ | インフルエンザワクチン »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フラフラ対策その後 | トップページ | インフルエンザワクチン »

無料ブログはココログ