« 人からの腎臓移植 | トップページ | 22/09毎度腎臓の定期健診日 »

2022年8月29日 (月)

帯状疱疹だそうだ

先日目を覚まして起き上がると右の背中から脇腹にかけて痛みと違和感が有った。
寝ていると痛みが収まるのでよくある寝違いかと思い数日様子をみたが全く収まらない。

一週間ほど経過した頃にたまたまネットで帯状疱疹のサイトに遭遇し、読んでみると初期症状に何となく似ている。
他の帯状疱疹のサイトも覗くと、いずれも疱疹が出てからの説明だが、自分の痛む所を鏡やスマホで観たがそれらしきものは無かった。

やはり寝違えかと消炎鎮痛の塗り薬を何日か試したが全く効果がない。
そうこうして痛みが出てから二週間ほど経過したが痛みは治まらず再度ネットを探すと、質問事項にチェックを入れながらフローチャートを進み病名を診断するサイトが有った。
そこで痛みが出て二週間経つことや疱疹が無い事等、幾つものチェックシートが有る長いフローチャートを進むと、可能性のある病名は帯状疱疹だった。
そのサイトで帯状疱疹を疑われた場合、疱疹が出ている場合は皮膚科、出ていない場合は内科がおすすめとしてあったので、内科に行った方が良さそうだとは思った。

その翌日の朝、何気なく背中を見ると一円玉台の赤い丸が背中の端に一個有ったので触ると痛くも痒くもない。
自分が見ても家族に見せても虫刺されに見えたのだが、いずれにしても背中から脇腹にかけての経験したことが無い種類の痛みだったので、翌日の午前中に近所の掛かりつけに行き診てもらうと、赤い中央に水ぶくれがポツンとある(私はもちろん家族にも見えなかった)のと、痛みの部位と一致するので、やはり帯状疱疹との診断になった。

それで痛み止めと抗ウイルス剤処方となったのだが私のカルテを見て医師が頭を抱えた。
先ず痛み止めだが、処方したいカロナールが全く手に入らないとのこと。
それ以外の痛み止薬のほとんどは私に強い副作用(会話していても目を開けたまま気絶する、吐き気、倦怠感、排尿困難)が有るので使えないのだ。
カロナールなら、我が家に少しあると思うし無ければ「根性」で我慢すると告げて痛み止めの処方は諦めた。

そして肝心の抗ウイルス薬。
医師から「腎機能はどれくらい」と聞かれたので「30%チョイ」と答えると、医師は再びこれも安易に使えない?と頭を抱えた。
もう一人の医師も交えて相談したのだが、これも諦め「根性」で治すと伝え、結局処方された薬は「抗ヘルペスウイルス外用剤」(塗り薬)のみだ。
疱疹発症後三日以内に抗ウイルス剤を服用しないとあんな怖い事こんな怖い事等々とwebサイトに脅かされていた私にとって不安な結果となった。

帰宅後、抗ウイルス剤の副作用について調べると、
・血中濃度が必要以上に上昇すると精神神経症状(意識低下、幻覚等)
があり、頻度は少ないものの、
・急性腎障害
・アナフィラキシーショック
等があった。
確かに抗ウイルス剤は高齢+初期高度腎不全の私には処方が難しい薬のようだ。

医師より、疱疹が増えるようだったら、私が腎臓の定期検診に行っている総合病院の皮膚科に紹介状を書くと告げられたのだが、その場合抗ウイルス剤が有効な76時間は過ぎてしまった私にどんな治療法が待っているのでしょうか。
d( 一_一) ナカッタリシテ エー(@O@;)―ッ!!!

« 人からの腎臓移植 | トップページ | 22/09毎度腎臓の定期健診日 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人からの腎臓移植 | トップページ | 22/09毎度腎臓の定期健診日 »

無料ブログはココログ