« 腎臓再生医療について | トップページ | 人からの腎臓移植 »

2022年8月15日 (月)

医院に行ったら満員

先日受けた区の健康診断の結果を聞きに、朝の診察が始まる前の医院に向かった。
到着して消毒と熱の測定を終え受付に診察券を出したが待合室は既に満員で座る場所も無い。

待ち人には高齢者が多く、その方たちが呼ばれてからの行き先を見ると、多くは診察室ではなく別室なので、あの人は区の健康診断、この人はコロナワクチン注射なのだろうと勝手に想像をして時間つぶしをしていた。

すると看護師があわただしく消毒液をもって外に出るので様子を見ると、医院の別入り口のドアノブ等の消毒をしていた。
それも度々なので、発熱外来もしくは感染症が疑われる人も来ているようだ。

最近のコロナ第7波の感染者激増や他の感染症の増加による医療崩壊が報道されているが、この医院もそのあおりを受けているようだ。
この様子だと呼ばれる迄に半日はかかりそうだと覚悟し、それなら買い物でもしてまた来るかと思った時に、看護師さんが院内の隅で立っている私を見て椅子を用意してくれた。

折角のご厚意なので買い物は諦めて座らせてもらったのだが座るととても退屈になり、これは明らかに眠ってしまう前兆だ。
多くの方に見つめられながら舟をこぐのは一応恥ずかしいので、暫くは待合室の案内書類を見て過ごしていたが読む張り紙も無くなってしまった。

仕方なく普段は外出時にはほとんど見ないスマホを取り出し、以前にダウンロードしたもののあまりやっていないトランプゲームをしてみたがすぐに飽きて最後の手段、ボケ防止にとたまにやっているスマホでの漢字検定にチャレンジをした。

6級(小5レベル)の漢字書きなのだが過去何度挑戦しても全問正解できず、今回も3文字が×だったので、100点をとる小学生が輝いて見える。
6級の出題対象漢字数はかなり多いが、私のアプリは6級で追加される漢字のみの問題のようでそれでも150以上ある。

その漢字書きを終えて時計を見ると、来てからまだ一時間半しか経過しておらず、覚悟をしていた半日はまだまだ先だ。
久しぶりに頭を使ったからか脳みそが疲れてしまったので何もやる気が起きず、さてこれからどうしようかと悩み始めたら看護師さんから名前が呼ばれた。

立ち上がり診察室に行こうとしたら、私と年頃が変わらないいつもの医師の声が別の方向からして来た。
見ると医師が私に向かっておいでおいでをしていたが、そこはいつもなら内視鏡検査等をする個室だった。

医師は私に、若い医師に診察室をとられてしまったと冗談ぽく言うのだが、いつもの診察室は通常と違う用途で使われているのだろう。
「忙しいようですね」と訊ねると「今日は特別で大混乱」との答えが来たので、私が「でも生涯忙しく働ける職業で素晴らしいですよ」とうらやむと、「でも定年の方もうらやましい」と医師は笑った。

考えてみればサラリーマンだった私が定年退職となり、その会社と別契約で現役時代と同じ仕事で数年働かせてもらったが、賃金はパートの方の新入りさん並みになったことを覚えている。
その仕事も、腎臓への負担を減らすために食事管理と趣味と家事に専念しようと契約更新を三年ほどで辞退した。

それが功を奏したのか否かはわからないが腎機能の悪化は穏やかとなり、退職以降も食事の不自由は続くものの気儘にくらして10年以上過ぎている私をみて、日々忙しい医師から見ると、確かにうらやましいかもしれない。

そんな事を考えながら医師との私語にちょっと花が咲いてしまったが、医師が診察室に入れないほど超満員なので「私の結果はどうでした?」と本題に話を戻した。
医師は「基本的には概ね値は横這いで、クレアチニンが昨年より0.1上昇しているけれど良く持ちこたえています。食事の成分管理がうまく出来ているからでしょう」と私の食事管理を評価してくれた。

小学校に入る頃には既に腎臓が一つしかなく、中年になり残った腎機能の悪化が顕著になった当初は数年後には透析と告げられたが、その頃の透析患者平均余命では定年まで生き永らえられれば上等かと覚悟をした記憶が有る。
その余命の長さも年々向上をしているようで、今透析になっても現在の平均寿命はまっとうできそうだ。

食事成分計算の当初は暗算というか適当と言うか、一応気を付けています程度から始まり、計算方法を試行錯誤しながら食事管理を実行して既に20年以上経過している。
正直、透析の心の準備をしつつ続けている保存期の食事療法がこんなに長くなるとは思っていなかったよ。
┐(´o`=3 ハァーッ…

…とため息をついたところで、普段は空いた器に適当に乗せていた料理を、少し気取って写真を撮ってみた。
白菜・ニラ・合い挽きミンチの炒め物、発砲酒、胡瓜・ベビーリーフ・とまとのサラダ。
Dsc_3020
炒め物は出し割醤油と塩なし香辛料いろいろ、サラダは自家製三杯酢、で各味付け。
これらを肴に頂きながら発泡酒350mlをチビチビ飲み終わったら、
粉チーズをかけたナポリタンで胃袋の蓋をする。
Dsc_3021
中華風味、和風味、洋風味の三役そろい踏み、もちろん味は全て私好み。

こう見るとまんざらでもない、不満を言ったら神様に叱られるな。

« 腎臓再生医療について | トップページ | 人からの腎臓移植 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 腎臓再生医療について | トップページ | 人からの腎臓移植 »

無料ブログはココログ