« 酒の話…慢性腎不全なのに | トップページ | 電子機器故障の連鎖が止まらない »

2021年3月 1日 (月)

腎機能の定期検診で更に疑われたのは肝機能

毎度の定検診だが最近はいろいろな心配があり、検診時の血圧も上がり気味だ。
血液検査結果のクレアチニンとALPの値は、今回は両方とも数値的には前回よりも少し下がったものの略横ばいで、一時的な高値ではなかったとがっかりしたが、それでも値が上がるよりはましだろう。
クレアチニンの値についてはこれが腎臓の実力だと最近になりやっと受け入れてきたのに、それにALPも加えなければならないようだ。

私のALP値は今世紀に入ってから正常範囲の高め横ばいで推移し、2018年から上昇に転じ2019年には正常上限値を超えた。
医師の見解は「前回採血の残された血液でALPの再精密検査をして種類を調べたのだが、胆道がふさがれて胆汁の流れが悪くなったか、肝臓機能の低下によると推測される。」との内容だった。

私が既に認識をしている肝臓の疾患には血管腫がある。
初めて見つかった20年ほど前で、その画像での見た目はパチンコ玉程度の物が二つあったが、最近見たCT画像ではピンポン玉が二つとなっていたと、以前にブログで紹介をした。

それにしても、胆管か肝臓の胆汁の流れに悪さをしているのはどちら様でしょう…と素人が考えても、頭に浮かぶのは恐ろしいやつばかりだ。
何はともあれ、2か月後の次回定期検診日前に腹部エコーの予約をした。

でも気になるのはそれだけではない。
医師に時間をいただき、前回から今回までの検診の間に発症した、数時間続く不整脈と30分続く閃輝暗点の、連日とは言わないが交互に次々発症したその日付と時間の報告をした。

医師は少し考えた後に先ず閃輝暗点について、
「閃輝暗点は脳への一時的な血流不足から再び血流が増えると発症する。
原因はいろいろあるが心房細動との多発を考えると、小さな血栓も疑える。」
と説明をしてくれた。

小さい血栓でも脳に飛ぶと大なり小なり脳梗塞の危険が有り、話し合いの結果、血栓の発症を抑制する薬を現在のバイアスピリンから、ケガによる出血量が増える恐れはあるもののエリキュースの処方に変えた。

心房細動そのものを抑制するためには、現在のハーフジコキシンを(名前を忘れたが交感神経に直接作用する)薬に変えてみましょうかとの提案も有ったが、私は一度に2種類の薬を変えるのは(根拠は無いが)怖いので、それは次回に判断すると答えた。

定期検診の概要は以上だったのでなんとなく楽しくない気分で帰宅したのだが、最近ブログで紹介した大根の葉を見ると、まだ花を咲かせていた。
Photo_20210301105101
その生命力に感心しながらカメラに収めたが、なんと枝だと思っていた部分が膨らんでいた。
もしかすると種?
Img_0429
葉が残る大根の頭?を切り落として水やりをし、いつもなら伸びた葉を食べるのだが、今回は伸びた葉を食べずに興味本位で伸ばし続けたら、すくすく枝を伸ばし、更に花も、その上に種まで作るなんて…大したもんだ。
…おっ?大した根だから大根か(* ´艸`)クスクス。

その根性を見習いさせていただき、腎臓がどうあれ…肝臓がどうあれ…生きて生きて生きぬいてやるぞ~

これで今回の検診結果の概報告は終わりだが、以下は心房細動についての医師からの説明を、私の非力な記憶力に留め、それが消える前に帰宅すると急ぎ備忘録として書き添えたものなので、もし読まれるとしたら、眉に唾をつけて読んでください。

医師からは、
「私の突発性不整脈については交感神経の作用による確率が高い。
慢性化すると徐々に心臓が変形(リモデリング)し、心筋の線維化による肥大化が進み収縮力を徐々に失い、心臓内での血液に滞留が起る。」
「それによって心臓内の血栓が成長し、他の臓器、例えば脳に至ると脳の半分が損傷するような重篤な脳梗塞を引き起こす。」
「心房細動の慢性化の兆候が出た場合は早めに、心房細動の原因である心臓内の異常な電気発生個所を焼き切る、カテアブ(カテーテルアブレーション)治療が好ましい。」
との説明が有り、更に
「ただし80歳を過ぎてしまうとこの治療での予後は、しない場合と比較して差はない。」…手術の効果はないとの意味?…、とも付け加えた。
手術できる時期には限りがあり、決心するならお早めに…と言うことか。

怖いもの見たさで帰宅後に血栓を防ぐ新たに処方されたエリキュース効能や効果をwebで調べたのだが、
1・非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症の発症抑制
2・静脈血栓塞栓症(深部静脈血栓症及び肺血栓塞栓症)の治療及び再発抑制
とあった…がこれ日本語?…だよね…ひらがなが少しあるし、
ということで調べるのをやめた。

 

« 酒の話…慢性腎不全なのに | トップページ | 電子機器故障の連鎖が止まらない »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 酒の話…慢性腎不全なのに | トップページ | 電子機器故障の連鎖が止まらない »

無料ブログはココログ