« 台場まで散歩 | トップページ | 顎関節症 »

2021年3月29日 (月)

料理番組を見るのは好きだ

腎不全である私の摂取する食品成分は一般と異なるため美味しい食事と成分のバランスに工夫が必要になる。

色々なメディアから健康のためにと紹介される料理の多くは殆ど低カロリー高蛋白なので私の求める料理とは異なるところが多い。
更に低塩と紹介される一般の食材や調味料が多くなったものの、私の目標よりはまだまだ高塩なので、料理に使用される食材や味付けの多くはそのままでは私には向かない。
それでも料理番組を見るが、それは私が知らない食材や調理方法(主に手抜き方法だが)との出会いの期待からなので、出会いが無いと判断して途中で番組から離れることが多い。

最近朝の番組で、新玉ねぎを丸ごと一個簡単調理、包丁で切れ目を入れてチンしておしまいと紹介していたので、玉ねぎが好きなのと私の手抜きポリシーにバッチリなのでその方法を観ていたら、その放送の中で「新玉ねぎは生でも食べられる」との発言に驚いた。
新玉ねぎが生で食べられるのは驚く事ではないが、新玉ねぎに限らずに通年玉ねぎを夜のサラダとしてスライスして生で美味しく食べている私は、えっ?「新」玉ねぎ「は」 生でも食べられるってわざわざ述べるってことは、新ではなく通年売られている「普通」の玉ねぎ「は」生で食べられないってーことかい?と心配になった…のは、私だけ?だろうね…

料理の常識に詳しくない私は慌ててwebを調べると、皆も通年食べていたので一安心した。
放送でも新玉ねぎは早生まれ遅生まれの違いではなく収穫できる時期により早生・晩生の2つは別種だと言っていたが、調べたwebでは更に中生もあるそうだ…それらがすべて別種とは知らなかった。

まあ幸い?なことにその違いについて、グルメに興味が無い私にはこだわる必要もない知識だが、子供の頃は玉ねぎが苦手だったからか好んで食べるようになった現在でも、噛み心地にはちょっとこだわりが有り、とろっ、しゃき、は好きだが、がりっ、は嫌いだった時の感覚をフと思い出して今でもドキッとする…不味いわけではないのに。

玉ねぎ丸ごと一個を最後に食べたのは遠い昔だが、スプーンですくえるほど火を通してもらって美味しく食べた記憶が有るので、教わった簡単方法でいざ料理…と思ったもののいつ食べようか迷ってしまった。

私の一日三食での野菜摂取量は成分管理と胃袋の満足具合から略決まっていて、朝の主食とおかずはこんな感じ。
Photo_20210329104106

この写真での野菜は、ラッキョウの漬物15gとその汁につけたあまり辛くない糸唐辛子1g程度、それにみそ汁の野菜は50g前後だ。
このラッキョウとみそ汁が、ご飯(約270g)のおかずで、他には一切無し。

ご飯を食べた後のデザートは蜂蜜が3g入ったヨーグルトがお決まりで、その他に果物を一品つける。
Photo_20210329104201

果物は何種類か日替わりで食べるがいずれも70g前後としている。
この日はグレープフルーツに砂糖2gをかけた物で、上の茶色い飲み物は濃い目のほうじ茶だ。

そして昼は卵(野菜の卵とじ丼など)が主で、それと吸い物と合わせても野菜は50g前後だ。

夜の肉(50g前後)の入った炒め物での野菜はいろいろ混ぜて200g、他にお口すっきり用生野菜サラダで80g前後摂取している。
三食は大体この配分で、満腹度、カロリー、蛋白、ミネラルなどの摂取量が適切になるようにしている。

この食事の中のどこに、教わった調理方法での玉ねぎ一個約200gを割り込ませるかいろいろ考えたが思いつかない。
夜のサラダの代わり?
因みに夜のサラダは見た目に変化を持たせるために毎夜それなり工夫をしてつくり一品食べている。
例えば、
カイワレ大根と長芋、それに刻み海苔添え

Photo_20210329104102

胡瓜とモヅク、パセリ少々

Photo_20210329104104

ベビーリーフにトマトとクルトンを乗せ、粉チーズ、低塩マヨネーズ

Photo_20210329104105

いずれもサラダのベースドレッシングは自家製三杯酢で、サラダ一食に使用する塩分は0.5g前後となるようにしている。

仮にこのサラダをやめて玉ねぎ一個食べるとして約200g…多すぎるので半分?うーん…なんか地味…
…かと言って肉野菜炒めの野菜なし?…肉50gと玉ねぎ一個?…もっと地味だー。
それに火が通ってトロトロになった玉ねぎって満腹感あるかな…
こんな具合で作るのを躊躇している。
どのみち通年玉ねぎで食べるので、別に急がないでよいのだけれど…私にとってトロトロ玉ねぎ一個がこんなに贅沢品だったとは…
ヽ(`⌒´)ノ デモ ゼッタイニ タベルゾ―

あっ、今年二度目の台場に行ってきた、道を覚える為にナビアプリを使わず手書き地図と記憶だけで、ルートを一度も間違えなく、台場駅からちょっと先の日本テレコムセンター近くまで行けた証拠の写真…でも
Photo_20210329104103
下町生まれの私には異国風景に取り囲まれて、ちょっと戸惑っている桜に感じる。

« 台場まで散歩 | トップページ | 顎関節症 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 台場まで散歩 | トップページ | 顎関節症 »