« アベノマスク りたーん | トップページ | 大根の花の色 »

2021年1月18日 (月)

猫にガスストーブ

私は家族の日々のスケジュール表をネットワークで共有している…と言うとスマートだが実際はそのスケジュール表に必ず私の予定を記載するよう指導されている。
朝にそのスケジュールを開いてみると、いつもの通り確認するのが面倒なほど予定がビッチリだったが、自分のスケジュールのみの表示が出来ることを思い出し試みると、一か月の間の私の予定はポツポツと二件だけ、眼科と歯科。

歯にガタが来ているので歯科には2か月おきの健診を受けているが、眼科にはドライアイでかつて何度かかかったが三年ぶりだ。
症状は2週間ほど前から左目がゴロゴロしてきたので、毎度のドライアイと思い、市販のドライアイ目薬を数日差したが全く症状が改善しなかった。
おかしいと思い鏡に向かい下瞼をめくると一部が赤く、更にプツプツと小さなふくらみらしき物も見えたので慌てて医師にかかった。

診断結果は「ものもらい」とのことで細菌を殺す薬と炎症を抑える薬を処方され、一週間使用したその結果報告のための眼科予約だった。
「ものもらい」と診断された日の帰宅後それについて調べると、「ものもらい」には麦粒腫と霰粒腫があるらしく医師には確認をしていないが私に処方された薬からすると麦粒腫のようだ。
眼病もいろいろやったけれど、もしかすると今回の「ものもらい」は人生初体験かもしれない。

そんなしょぼしょぼした目で先日TVを見ていたら、地球の温暖化を招く最強の気体は水蒸気だと言っていた。
二酸化炭素による温暖化しか頭になかった私はびっくり。
\(◎o◎)/!

温暖化のきっかけを作るのは二酸化炭素だがこのままでは、そのきっかけにより大気中の水蒸気量が増加して更に大気が温まるとの循環が将来始まるそうだ。
人間が出している二酸化炭素の発生は今なら人間の手で抑えられるがそんな温暖化の暴走が始まったら、太陽を相手に広大な海から発生する水蒸気を抑える手立てはあるのだろうか。

何もしないでいると約10年後に地球は温暖化への悪循環を人類は止められなくなると別の放送でも言っていた。
10年後では他人ごとではない…運が悪いと?ん??運が良いと???
まあどちらだかわからないが、まだ私が生きている可能性のある時代だ。

…等と考え事をしながら貧乏ゆすりをしていると足をいきなり猫に引っかかれた。
私の足の先を温めるガスストーブと私の足の間が最近の彼のお気に入りの場所なので、彼にとって私の貧乏ゆすりが迷惑だったのかもしれないが、私の部屋で唯一の暖かい場所なので彼一匹がテリトリーを主張するのは不当だ。

しかし猫に引っかかれて気が付いたその暖かい二酸化炭素を送り続けているガスストーブ…これって温暖化にもろに加担?
もしかすると電化しなければならないのかと調べると、現在の日本の電力は殆どが火力発電で火力の原料は都市ガスの原料とほぼ同じとのこと。

それが事実なら素人的には火力発電の、原料→熱→電気→熱とするより都市ガスの、原料→熱のほうが効率は良さそうに思える。
それは、魚屋さんから刺身を買うか、自分で釣った魚をさばいて刺身にするかの違いで、どちらに無駄が多いかわからないが、いずれにしろ殺生は避けられないのと似ている。
エッ?┐(@O@)┌ 似ていない?

彼との、ガスストーブによる暖かくなった場所の争奪戦は、もう少し続けられそうだが、こんな時間が少しでも長く続くように、彼のためにも私自身が節電などを心掛けるようにしなければ。
Photo_20210118113701

« アベノマスク りたーん | トップページ | 大根の花の色 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アベノマスク りたーん | トップページ | 大根の花の色 »

無料ブログはココログ