« MRIとMRA | トップページ | 先週月曜に更新しなかった言い訳 »

2020年10月19日 (月)

宝の山

ニュースを見ていたら、宇宙資源の所有権を含む宇宙活動のルールに、米国を中心として日本を含む数か国が署名するとの報道が有った。
運用や活動のルール等についての決め事だが、所有権については、宇宙資源で金もうけして良いから民間企業は宇宙産業に積極的に参加してね…との事らしい。

そこで、以前のブログ「はやぶさ2もうすぐ帰路に」では、地球から遠く離れた小惑星リュウグウでの色々な難しい探査はやめて、小惑星を風呂敷に包んで丸ごと持って帰った方が良いのではと、ド素人の私が述べたのを思い出した。
そのド素人の話がどうも絵空事ではなくなってきているようだ。

先日も科学関係のニュースを読んでいたら、「はやぶさ2」が着陸したリュウグウを10兆円で買うという会社が現れたとの記事を見た。
以前の私のブログでは「はやぶさ2」の打ち上げの経費はざっくり300億円と記載していたのでそれならば、10兆円で売って粗利半分を出すために、半分の150回分の「はやぶさ2」の経費でリュウグウを引きずって帰れば商売として成り立つ事になるし、技術的にも何となく出来そうだ。

それに、リュウグウでなくとも宇宙にはなんとダイヤモンドの塊みたいな惑星等があるようで、そこの記事にも、宇宙資源を商売の対象として採掘する時代は目前だとも書いてあった。
そうだとすると、欲張り爺さんが知りたくなるのは、ダイヤモンド以外にも高価な物質にどのような物が有るのかだ。

あちらこちらのwebを探すと、
・お馴染みダイヤモンドは品質によってばらつきが大きいもののざっくり100万円/gの単位?しかし更に上があって、
・カリホルニウム(って何?)は 約30億円/g
・バークリウム(って何?)は約700億円/g
ここで既に開いた口がふさがらないが、呆れかえったのは、
・反物質が約600兆円/g??????!!!
私がチョイと調べた範囲なので眉唾ものだが、まあ庶民の想像を絶し過ぎて少々興ざめだ。

我に返って考えると、私にとって星は見上げるだけで手が届かないのが現実。
(´Д`) ハァーア
とため息をついてフっと思った。
もっと今の私の手の届く目の前に宝の山があったらなー。

オッそうだ、今日はカレーが食べたくて、低塩低タンパクレトルトパックカレーをご飯にかけて電子レンジで加熱だけの、まさしく楽・チンで食べるつもりだった。
しかし、キッチンにはカレー粉があるのでこれから作れれば安いカレーが食べられるかもしれない、と早速作る事とした。
イキナリノ(;◎ ̄ロ ̄◎;)スケールダウン

いつもの昼ごはんの手間程度でカレーらしきものが作れないかとweb料理を参考に試してみたら思ったより簡単にカレーライスになることが分かった。

今回はお試し版なので手抜き優先とし、具や味付けは最低限、玉ねぎと唐辛子をよく炒めた後に、無塩ケチャップ、低塩中農ソースと塩を入れて玉ねぎに絡ませ、更に水とカレー粉と米パン粉(とろみ用)を混ぜてから入れ、とろみが出るまで火を通しただけだ。
Dsc_0657
今回は動物性蛋白源として卵を乗せたが、食べた感じはちょっと甘口だったが私にはカレーと思える程度に出来上がった。

ざっくりレトルトパック一人前の単価を1g辺りに換算すると2円/g程度だが、自前カレー一人前のレトルトパックに相当する材料の原価を合計し、それを1g辺りに換算するとざっくり1円/gで、レトルトとの差1円/gがお得になる計算だった。

考えてみると、私の1日の食事2000g全てを1円/g安くできたら、毎日2000円倹約でき、1年の365日で…オーッ73万円だ。
これを家族全員の食事で倹約すると…えーっ………すすすごーい。

そんな皮算用ですっかりその気になり次は辛口にするために、ソースを減らして塩を増やし、更に玉ねぎの量を減らし他の野菜の具材をもう少しバラエティーにしてみようか、との前向きな気持ちになれた。
たかが一円、されど一円、チリほどの節約も積もれば山…600兆円も1円から…てことだね。

« MRIとMRA | トップページ | 先週月曜に更新しなかった言い訳 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« MRIとMRA | トップページ | 先週月曜に更新しなかった言い訳 »

無料ブログはココログ