« 恐る恐るバイクでの散歩 | トップページ | スマホと私の熱中症対策 »

2020年8月24日 (月)

美味しい物はもっと食べたい

Dsc_0572
吾輩はししとうである、青虫ではない。
何故一個だけかと言うと、飼い主が手抜き人間だからだ。

ある日、苗の私は笑顔が素敵で面倒見が良さそうな人に園芸店で買われ、この人となら夏にはたわわに実りをつけられると喜んだ。
それなのにmanpukとかいう爺さんにプレゼントされてしまったのだが、何とその爺さん、水あげ以外の手入れは一切してくれず、実りは全て天の神様の言う通りだとかつぶやいていた。

それで神様の出した結論は、
Dsc_1850
実一個だけ。

…等とししとうのこぼす声が聞こえそうな収穫時期になった。
はさみでちょきんと切り採り、種だけ出してへたのついたままに吸い物に入れると、柔らかさ、新鮮な香り、ふくよかな味、全て神様に感謝したいほど美味しく、種を捨てた事を大いに後悔をした。
神様もう一個お願いできませんかねー
神様 → !(一o一)! 種カラソダテルノカ?
私 → イエイエ 種ゴト タベテミタイノデス =^ω^= ブヒッ

話は変わるが、美味しかったと言えばチャーハンもどき。
先日昼食にチャーハンを食べたくなって作り始めたのだが、私のチャーハンは私のホームページに私でもパラパラにできると掲載をしている手抜きであっさり味のチャーハンだ。
今回は少し濃厚な味に仕上げられるかとサラダ油の代わりに無塩バターを使って炒めてみたのだが、ついでだからと無塩ケチャップも加えてみた。
(無塩を使うのは私に塩分制限がある為)

食べてみると確かに味は濃厚になり、一応大成功と悦に入りながら味わっているうちに、この味はチャーハンと言うより別な食べ物のような気がしてきた。
ネット検索に「ご飯をバターで炒める」と入力してチャーハンに近い料理を探すとたどり着いたのが「簡単ピラフ」の料理webだった。

具材はチャーハンに近く、ここでのピラフはお米ではなく既に炊き上がったご飯を使うところが簡単と称している理由らしい。
チャーハンとピラフの違いについて調べるとお米を焚く順番や卵の有無や調味料の違いなどいくつかあったが、料理は食べられれば合格の私にはもったいない内容だったので省略する。

もう一つwebで見つけたのがケチャップライスだが、大した工夫もなくチャーハンと同じ様な手順で作ったのにピラフやケチャップライスなんて洒落た名前の料理に変わると知り、料理のレパートリーが急に増えた様でとても得した気分だ。

それはそれとして今回の私のつくった料理は何でしょう、卵を使ったチャーハンと、バターで炒める簡単ピラフと、トマトケチャップを使うケチャップライスが皆混ざっているので、名付けてチャ―ハピラチャップライス…長いな…チャピチャプライス…で決まりだ。

これが元祖manpukのチャピチャプライス
Photo_20200824095901

 

« 恐る恐るバイクでの散歩 | トップページ | スマホと私の熱中症対策 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 恐る恐るバイクでの散歩 | トップページ | スマホと私の熱中症対策 »

無料ブログはココログ