« 多機能リモコン | トップページ | 家族が発熱 »

2020年4月20日 (月)

自動車運転免許証の更新をしてきた

緊急事態宣言が出る前だが、東京がかなり深刻な状態になり始めたころ、免許更新センターに電話して「お変わりありませんか?」と聞くと「別に―」との回答が返って来た。
前回の免許更新ではひどく狭い部屋での講習だったとの記憶が有るので気は重かったが、更新するなら早い方が良いと判断をした。

更新センターまでの距離は徒歩で1時間程度なので迷ったが、ゲリラ的に襲ってくる膝の激痛を考慮すると往復2時間の徒歩には自信が無く自転車にまたがった。
しかしこれがとんだ誤算、行く道半ばで自転車タイヤの空気が完全に抜けてしまい、そこからは自転車を押しながらの徒歩で更新センターに向かった。

やっと更新センターにたどり着き「自転車屋さんが近所に有りませんか?」と尋ねると「最寄りの警察で聞いてください」との返事だった。
更新の手続きは待つこともなく手数料を支払うと、検査の待ち人は二名ほどしかおらず流れ作業で書類審査、目の検査、写真撮影と順調に終わり、やれやれこれから講習だ…と思いきや、私の講習は無いので写真を撮った場所近くの椅子で待っているようにとの指示が聞こえた。
エッ?と耳を疑い再確認するとやはり講習は有りませんとの有難い返事で、ドアが開放されている講習室をチラ見した時に、こんなに密集な講習は嫌だなと感じていただけにラッキー。

まっ、私は優良運転手だから講習が無いのは当然…と言えれば鼻高だが、最近のブログ「通院後の発熱は無かったが」で述べた高齢者講習を教習所で受けていたからのようだ。
因みに講習を受けたその教習所は緊急事態宣言後に臨時休業をしてしまったし、最近の新聞には運転免許更新手続きは警察署を含め中止と記載されていた。
私の受講や更新は結果的に滑り込みセーフだったけれど、間に合ったこと自体が私の運命にとってセーフだったのかアウトだったのか…は神のみぞ知ることだが。

写真を撮られて待つこと10分程度で新しい免許証を受けとり、まじまじ写真の具合をみると今回は指名手配風でなく善人風に写っていた。
*あくまでも個人的感想です
(;^_^A
これは撮影時にほんの少し隠し笑顔にしたのと、証明写真係の方がわざわざこちらに来て衣服の乱れを整えてくれた事(こんな親切初めての経験)によるものだろう。

講習待ちの方々を横目にさっさと帰宅の途に…コーラを買ったり飴を買ったりしながら一時間以上自転車を引きずりトボトボと歩いて…
それにしても、通り道に自転車屋さんてこんなに無かったのだっけ?
帰宅してよく考えてみると最初から歩いて行けば、膝が痛くなったら公共交通が使えたのにとつくづく反省をした。

今回、運転免許証については、返上について少し迷ったものの更新をした。
多分現在の車を買った時に、それ以前の車よりぐんと安価な車にして、自動ブレーキ等の安全アシストシステムを装備した安心感が、更新決意の後押しとなったのだろう。
次の更新時に、完全自動運転車になっていれば免許証を返せるのだけれど…待てよ?なっていても車を買うお金が無いか…

植木鉢に勝手に棲みついた植物
Photo_20200420112301
webで調べると、ナガミヒナゲシ(長実雛芥子)で、見た目のひょろひょろと頼りなげな容姿と異なり生命力はかなり強いらしい。
花の名を探すと何故か花言葉も添えられていて、平静、慰め、癒し、誘惑、別れの悲しみ…等々いくつか有った。

d ( ̄0 ̄) どれもふさわしい花言葉だけど、やはり「誘惑」が一番ピッタリだな~
=^ 一_一^= ニャンで?
a( ̄▽ ̄) ハナ(花)からハ(葉)までが離れている…
=^一_一^ だから?
δ(; ̄T ̄;A つっ、つまりー…花は…鼻で~、葉は…歯で~
=^×_×^= ハイハイ鼻の下ね
m(_ _)mオアトガヨロシイヨウデ
テケテンテンテンε=ε=(((へ^д^)▽"パタパタ

 

« 多機能リモコン | トップページ | 家族が発熱 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 多機能リモコン | トップページ | 家族が発熱 »

無料ブログはココログ