« 慢性腎不全用の食事は健康的かもしれない | トップページ | ダイエット食事をしているのを忘れていた »

2020年3月16日 (月)

カリウムと不整脈

先日の(号外…)で述べた通り、夏の運動で悪化したクレアチニン値は何とか戻ったものの、心臓の期外収縮が増え始めている。
その件を医師に告げると医師からは、私の血中のカリウム濃度(3.7mEq/L)が正常値(3.6―4.8mEq/L)の下限に近いので、それが原因かもしれないからもう少し多めにカリウムを摂取したほうが良いとの指導が有った。

分かりましたと告げて帰宅したが、摂取するカリウムの量を監視していたのに何故低カリウムなのかと腑に落ちない。
家に戻り先ずカリウムと不整脈の関係をWEBで探すと、最初に行きつくのは高カリウム血症の危険を告げるサイトばかりだった。
よって「低カリウム血症」と狙い撃ちで検索すると有りました、症状に関する恐ろしい記事が。
・筋力が低下し力が入りにくくなる
・筋肉が壊れる
・腸の動きが鈍くなる
・心臓がばくばくする
・意識を失う
何れも進行すれば死に至るそうだ。

そう知らされると次々と思い当たる…小心者なので…例えば、
掴んでいた物を落とすようになった、
トイレでの、ずっと朝一だった大の時間がだんだん遅くなって来た、
そして最近の期外収縮の頻発、
とどめに「死ぬかと思ったインフルエンザ」で報告したトイレでの失神。
因みに下痢をすると大量のカリウムを失うとも記載してあった。
えっ?えーっ?そんなの有りー!?聞いてないよー!!
Σ(;゚Д゚)

もしかして血液検査でのカリウムの値に季節的な要因も有るのかと、2000年から記録してある検査でのカリウム値を月別に平均してグラフにしてみた。
Photo_20200316110101  
グラフ(青線)は飛んだり跳ねたりしているが、何故か検査日は圧倒的に偶数月に多く、月別の平均値としては偶数月の方が信頼性は高い。
その偶数月だけを赤線でつなぐと傾向がはっきりしていて血清カリウム値は、冬は高くて夏は低くなる傾向だ。

この傾向になる理由については分からないが、カリウムの出口は便と尿と汗?
とすると冬は尿量が多く(2L前後)なるが汗はあまりかかない、夏には汗は増えるが尿は減る(1.5L前後)…汗の量を計っていないので分からないが夏場は尿の量を超えるようだ。
尚、カリウムが不足すると、尿からのナトリウムの排出が出来なくなるらしい。

このグラフの傾向だと、カリウム値が下がるのは夏だが、まだ春なのに低く出たので、季節とは別な理由でカリウム値が下がったようだ。
それにしても過去20年の値の中で今回の3.7mEq/Lの値は最も低い。
長い年月、食生活を変えてもいないのに最近は低下傾向にはなっている…何故でしょうね。

原因はともかく、カリウムの摂りすぎばかりに気を取られていたのでさっそくカリウムの適正摂取量を調べてみた。
すると私の年齢での一般の方のカリウム目標摂取量は一日で2500mg、できれば3000mgらしいので、私が摂取している量を調べると、多くて2000mg少なくて1200mg、平均では1日で1800mg、になっている。
私のeGFRは35(正常腎機能の35%)で前後しているので、そろそろ高カリウム血症の予備軍との思いから、一応1500mgを基準として監視をしていた(摂取制限はしていない)。
これは間違いだったのだろうかと改めて調べると、この基準値は高カリウム血症になった人の値のようだ。

低カリウム血症が恐ろしいと知り、不整脈が頻繁になった場合に簡単にカリウムを摂取できる食品をそそくさと探してみた。
すると、刻み昆布、干しひじき、バナナ、ほうれん草、さつまいも、パセリ、切り干し大根、味付け海苔、100%のトマトジュースやオレンジジュース、等が紹介されている。

その中から、不整脈が出た日だけに食べるので日持ちがして、不整脈が始まったら直ぐに手をかけずに食べられて、ナトリウムと蛋白をあまり含まない食品を選ぶとかなり限定的となり、その中ではトマトジュースが手軽かと思った…のだが。
思い出したのは以前のブログ「死ぬかと思った」で述べた干柿事件。
事件以降はカリウムの過多を疑って干柿を食べるのを避けていたのだが、調べてみると干柿一個(40g)でのカリウムの量は260mg、蛋白は0.6gだった。
もともと干柿は大好き、これなら日持ちも良くて食べるのも簡単と思わず買ってしまったのだが、腎機能が低下している状態で干柿やスイカを食べて高カリウム血症となり死亡した例もあるとの記事も見ているので食べるにはちょっと勇気が必要だ、やはりトマトジュース(カリウム量210mg/100g)をチビチビの方が良かったかもしれない…と気持ちがユラユラ。

所が干柿に恐れをなしたのか今は不整脈が殆どでない。
食べた結果不整脈が止まるのかそれとも心臓が止まるのか、はたまた心臓が飛び跳ねるのかそれとも何も変わらないのか…楽しみと言うより…。
( ̄◆ ̄;) コワ~イ

« 慢性腎不全用の食事は健康的かもしれない | トップページ | ダイエット食事をしているのを忘れていた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 慢性腎不全用の食事は健康的かもしれない | トップページ | ダイエット食事をしているのを忘れていた »

無料ブログはココログ