« 私の不整脈をスマホアプリでみたら | トップページ | (号外)定期健診に行ってきた »

2020年3月 2日 (月)

隔離されると言う事

数回前のブログ「新型肺炎対策」でも述べたが私は結核で約半年隔離された経験がある。

最近のニュースで毎日トップに登場するのは、新型コロナウイルス(COVID-19)だろう。
日本での新型コロナウイルスに関してはクルーズ船での対応の可否議論から始まり、感染が国内で拡大してからは様々な意見が述べられている。
水際作戦失敗(だったの?)の論調が始まると、何故国内感染まで拡散したかの推論や解説は元気だが、国内感染拡大を何とか止めようと計画したり実行したりしている関係者は、大変なご苦労しているにもかかわらず発言には元気はない。

この手の対策はうまく行った点よりも問題が起きた点だけが強調されがちなので、これからどうすれば感染が治まるかの提案を仮に私が持っていても、その対策の責任者になってやってみてと言われても(ありえないけれど)私はしり込みをするだろう。
よって対策については、それを立案して実践されている方達の言う事を素直に聞くつもりだ。

ただ、対策はお任せなのだがニュースでのいろいろな意見や提案の中で、一つ気になったのは感染者やその周りの感染している可能性のある方達の隔離の議論だ。
私が半年間結核で隔離された時は、有難い事に治療等の為の入院治療の費用や食費は国費なので、当然その暮らしは必要最小限だった。

よって早く退院したいのだが結核の陰性を判断する場合は、痰を採りそれを一定期間培養して結核菌が無い事が条件で、私の時代は入院して約五か月前後から、三回連続で痰が陰性の場合のみ退院できたと記憶している。
一度陰性であっても次回は陽性になる場合はあるので、痰を出すときは神に祈る思いだった。
何とか三回結核菌が出なくてやっと退院したとしても結核再発の確率は0ではない。
日本での結核は毎年20,000名弱の感染者が出ていて、2,000名弱の死者を出している。
退院時、昔の呼び方で看護婦さんが見送ってくれて励ましに(?)くれた言葉は「洗面器一杯の血を吐いたら迷わず直ぐにおいで~」(´▽`)/~~~
でした。
マスクもしないで必死に看病してくれた白衣の天使(これも昔の表現?)には今でも心より感謝をしている。

その過去の隔離された経験からか、感染への恐れからあの人もこの人も疑いのある人達を可能な限り隔離するとの意見に対して、複雑な思いを感じてしまうのだろう。
とは言っても、新型コロナウイルスにうつりたくないと思うのは私も同じだ…家族もいるし…高齢で持病持ちだし…

治療薬が無いので安全となるまで隔離の理論は私にも異議はない。
それでも様々な意見が飛び交うのは、新型コロナウイルスの安全となるまでの隔離期間と範囲の根拠、それに解放された者とそれを受け入れる側の、再発の可能性と感染のリスクへの覚悟の合意ができていないところだ。
新型コロナウイルスにしても、何度かの検査で陰性であっても絶対に感染していないとは断言できないし、標準的な潜伏期間を過ぎても発症する場合があるとニュースは伝えていた。

感染症で毎冬悩まされている治療法が確立されているインフルエンザでさえ、一昨年の統計だが3千名以上の方が亡くなっている(今年のインフルエンザ発症の人数が昨年より今のところ400万人すくないそうだ)との資料を見た記憶が有るが、それらの事実と現状を比較して新型コロナウイルスに関しては冷静に対応しなければと自分に言って聞かせている。

新型コロナウイルスへは、備えあれば憂いなしになるのか、それとも空が落ちて来るとの杞の憂いのように根拠のない備えだったと反省するのか、いずれにせよ感染者と非感染者が思いやりを持って納得のいく隔離の条件にしてほしいと願っている。

と・こ・ろ・で
インフルエンザはaとb両方同時にかかる可能性も有るそうだ。
ただし優勢な方がそうでない方の繁殖を抑制してしまい、症状として現れるのは優勢な方だけで、発症期間も長くなるのではなく優勢な方と同じとの見解をwebで見た。
一般的には自分の免疫で治るのだが、その場合はaとbの両方の免疫が同時にできているそうで、ちょっと得をした気分だろう。
と言う事は…新型コロナウイルスはインフルエンザウイルスに近いらしいので、コロナウイルスで陽性になっても…発症が早いインフルエンザにも感染してしまえば…もしかすると…もしかする?
…なんて根拠のない空想をしても仕方がないので、私はいつもの通り家での引きこもりを続けることにした。

 

« 私の不整脈をスマホアプリでみたら | トップページ | (号外)定期健診に行ってきた »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 私の不整脈をスマホアプリでみたら | トップページ | (号外)定期健診に行ってきた »

無料ブログはココログ