« 命の危険を感じたA型インフルエンザ | トップページ | 新型肺炎対策 »

2020年1月27日 (月)

インフルエンザその後

平熱となり食欲もまあ戻ったが発病から二週間過ぎてもまだ異変が残っていた。

夜布団に入り眠ってから、以前は二時間間隔で三回ほどだったトイレに行く頻度が、一時間間隔で三回トイレに行くようになってしまった。
三回行った後は二~三時間間隔になるので、寝不足になるほどではないが、一時間でトイレに行く場合は眠くてたまらない。

又、不整脈も続いた。
脱水状態時の心房細動や上室性頻脈の頻発は収まったものの、心室性期外収縮が食後に、トントントトン、のペースで数時間続いてしまう。
期外収縮が続くのは、腎臓に何かが起きた為に血液の状態が正常でないからなのかと、どうしても悲観的な想像をしてしまう。

これらの症状はこのブログをアップする頃は治まったものの、咳はまだ突然に出て来る。
むせやすくなった性だろうと思うが、私の現役時代の後半に咳と微熱が続き、結局結核で半年隔離された過去の記憶が有るので、続く咳はいやな感じだ。
結核治療に通常使用されるストレプトマイシンやエタンブトール等は、慢性腎不全の人には使用に制限がかかるので治癒が難しくなる。

所で、私は何時インフルエンザウイルスをもらってしまったのだろうかと自分の外出記録を見てみた。
午後発熱の、
当日午前中に猫の餌を買いに行ったが、体がだるいとかは無かった。
1日前の午後はスーパーに買い物に行った。
この頃は既に咳と胃の不快感が有った。
2日前は外出をしていない。
ただ、痰が切れにくくなった。
3日前に家族を連れて病院に行った。
これは家族の具合が悪かったからではなく検査の為だ。
4日前に卓球場に行ったが、私たちの他は元気な子供が一組だけ。
等が発症前の私の行動履歴だ。

インフルエンザの潜伏期間は1~2日らしいと考えると、前日のスーパー?
でもその頃は既に違和感が有ったと考えると3日前の病院?
病院には人が沢山いたが、不覚にも家族達も私もマスクをしていなかった。
ただしインフルエンザを発症したのは私だけだ。
病院での感染だとすると油断したとしか言いようがない。

最近徐々に物騒な様子を呈してきた新型のコロナウイルスの犠牲者のほとんどは心臓や腎臓を疾患した高齢者らしい。
条件が ┐(;´-`;)┌ ワタシトピッタリ
今回、治療が確立されているインフルエンザでさえ命の危険を感じた私には、新型コロナウイルス感染は私にとっては死刑宣告と同じだ。

今は制限がかかったものの発生元と言われている某国から多くの観光客が日本に来ていた頃は少なからず日本での感染拡大の心配をしたが、ニュースが取り上げるのは直ちに制限してとの意見ではなく、観光産業への打撃の心配の意見が多かった。
ほとんどが健康な某国人に来るなと言うのは確かに差別的発言だ。
それでは、日本の一部に放射能汚染が有ったからと言い、汚染が認められなくなった現在でも執拗にこだわる何処かの国と同じ態度と言えるだろう。
そんな状況から某国の方から日本に行く制限をしたことは、某国と日本のメンツをたてた、賢明な判断だったのだろうか。

それにしても私は観光客でにぎわう場所は当分避けた方がよさそうだ…と言っても行く予定はまったく無かったが。

« 命の危険を感じたA型インフルエンザ | トップページ | 新型肺炎対策 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 命の危険を感じたA型インフルエンザ | トップページ | 新型肺炎対策 »

無料ブログはココログ