« なかなか一人旅に出かけられない | トップページ | スマホ機能の可能性に期待 »

2019年11月18日 (月)

修理不能いろいろ

大分以前より発生していた洗面台からの水漏れの量が、今年の春頃から徐々に多くなった。
30年以上前に朝シャンとやらが流行り始めたようだが、買った洗面台もその流行に乗り、水栓と言うのか蛇口と言うのか、上下・前後・回転・ひねりと自在に動き、洗髪がやり易くなっている…が洗髪に使っている様子を見た記憶はない。

水栓に可動部分が多いためか仕様書に最小限の水漏れは有ると書いてあり、ご丁寧様に漏れ水を受ける容器まで標準装備だった。
新しい頃は漏ってもわずかで、放置しても容器の中で自然乾燥をしていたが、ある日から自然乾燥では間に合わなくなり、溜まった水を時折捨てるようにしていた。
その捨てる間隔が徐々に縮まり最近では水を捨てる回数が1日三回でも追いつかなくなった。
定期的にたまった水を捨てるのは、新しい洗面台購入をもったいないと言って拒んでいる私の仕事だ。

これも昔、メーカーに水栓の交換を打診したが水栓もそのパーツも供給中止となってしまったため修理出来ない事がわかり、その場しのぎに適当にシールをまいたり、漏れた水受けの標準装備の器では小さいので、空になった日本酒の紙パックを使い入れ物のサイズを大きくしたりしたがそれでも追いつかなくなり、ついに水栓を閉じた時に洗面台の下に水が噴き出るように漏れるようになった。

ここまでになったら新しい洗面台を購入するしかないと決心をして、商品が決まるまでの間の水漏れの量を減らそうと、前後の伸び縮みとひねりの出来る可動部に牛乳パックの紙と粘着テープを使って厳重に巻き付けて固定したら、なんと水漏れがピタリと止まった、一滴も漏れない…なんでピタリと?
漏れている個所も理由も分からないので、止まった理由も全くわからない。

でもとりあえず水漏れを止める方法が分かったので結果良ければすべて良し。
あちこちの不具合を根本的改善が出来ずにだましだまし使われている洗面台と自分とは似たもの同士なのか、貧乏だけが捨てられない理由ではなさそうだ。
洗面台の購入検討は先送りとして、これからもしばしのお付き合いが出来そうだ。

他にも我が家に有る風呂で使っている、シャワーが付いた可動部の多い混合栓も水漏れをしていて、これも機能を半分使用禁止にして使っている。
構造が複雑なものは故障も複雑、それに比べると、ひねるとジャー、だけの単純な蛇口はトラブルもほとんどなく、たまに漏れてもDIYで売っているシールやパッキンの交換だけで済み、お付き合いがとても楽ちんだ。

お付き合いがとても楽ちんと言えば、私と長―く付き合っている悪友達もそうだ。
楽ちんてーことは私の悪友は皆な短……オットット…口が滑るところだった。
悪友達と、これからもお長―くお付き合いできますように、
ナムー(-ノ-)/U"チーン
と神頼みして今日のブログはおしまい。
= ̄_ ̄=  タマニハ ノミカイデモ サソッテミヨウカナ
( ^.^)_U""U_(^o^ )

« なかなか一人旅に出かけられない | トップページ | スマホ機能の可能性に期待 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« なかなか一人旅に出かけられない | トップページ | スマホ機能の可能性に期待 »

無料ブログはココログ