« 蛾と蝶の違い | トップページ | 野菜サラダを美(味)しく »

2019年7月15日 (月)

朝の食器洗いが多すぎる

朝食を終え、腹鼓を打ちながら一休みした後に「さーて」といつもの通り朝食の食器類を洗剤で洗いながら「あー面倒」と恨めしく並べた食器を眺める…と…え~っ、朝食一人分のために、何でこんなに洗い物多いの?
その風景が腹立たしいくらいに地味なので思わず写真を撮ってしまった。
Photo_20190715110001
ご飯用の釜、と蓋、しゃもじ、箸、ご飯茶碗、味噌汁用鍋、と蓋、椀、と蓋、ヨーグルトの小鉢、スプーン、果物の小鉢、と蓋、漬物用小鉢×2、と蓋×2、湯飲みカップ、茶こし網。

私の朝食は私のホームページの中の「朝食セット(米飯編)」で紹介している通り、使用する食器の数は6個時々7個がお決まりのコースだが、こう並べてみると洗い物の総数はその数倍になっている。

私が自身の朝食を作り始めた理由は過去のブログでも触れているが、我が家で料理を作ってくれる家族が、私、幼い子供、老人、そして健常な大人、各人に全て内容が異なる料理を朝に一斉に作らなければならない時期があり、計量と計算で手のかかる私の朝食は早朝に自身で作り始めたのがきっかけだ。
現在での私の朝食作りは前日の夕方に仕込んでおき、朝はご飯炊きと、具がすべて入っている味噌汁の鍋に火を通せば良いようにしている。

自分が使用した食器を自分で洗い始めたのは私の時間に余裕が出来た頃からで、最近食器洗い機が壊れて手洗いになった頃から面倒だとは思い始めたのだが、並べた食器類を今日改めて見つめ、もっと楽ができないかと今日はマジに考えてみた。

先ず釜と鍋だが、朝の炊立てご飯と出来立て味噌汁は、私の幸せな食の原点であるので省略できない。
それなら食器類を減らせないか、例えばご飯に味噌汁をかけてしまえば…食器が一つ減る。
でもこれ、昔にどこかで見たことがある…そう、猫まんまそのものだ…がその上に唯一のおかず(梅干しとかお新香とか)を乗せてしまえば更に食器が一つ減る。

猫まんまにお新香乗せると…飲んだ後の〆のお茶漬けみたいで…朝食のQOLとやらが低すぎる…なんて言ったら昔一緒に暮らしていた、猫まんまをウオンウオンと言いながら旨そうに食べていたニャン娘に叱られるか…
でも =^①_①^= ニャ~
おお!それなら果物にヨーグルトをかけてしまえばヨーグルトの器と蓋が減る…いや、朝だけ食べる少量の果物は、その物の味を愛でながらチビチビと食べたい。
ならば大きな皿一枚に味噌汁以外のすべてを乗せられるが…合理的過ぎて…気が乗らない。

分かった分かった、食器を減らすのがそんなに嫌ならば、前日ではなく当日の朝に朝食の支度をすれば、料理の乾燥を抑える為の食器の蓋が要らなくなる…いやまて、朝作るとなると洗い物にまな板と包丁が増えるし、キッチンが散らかるので、朝の片づけは楽にならない。

結局、煩悩同士の話し合いは結着がつかなかったが、毎日家族がこの数倍の量を洗っていたのかと思うと頭が下がる。

…と感謝したところで別の話
以前は時折利用していたモノレールのゆりかもめに、先日久しぶりに新橋から乗り、その空を飛ぶような視点から、高層ビル群と見え隠れする海が織りなす近未来的景色を立ってボーっと眺めていた。
そして数駅進んだあたりで、不思議な窓?の有るビルに気が付き我に返った…が…時は既に遅く、後方へと消えていった。

でも大丈夫、帰り道もゆりかもめを利用したのでそのビルの近くになった辺りから、我を忘れモノレールのドア窓にべったりとくっつき、スマホで撮ってみたのがこの写真だ。
Photo_20190715110002
撮り終えて、後ろを振り返るとそのドアから降りる多くの人が私を見ていてビックリしたが、アジア系の観光客とでも思われたのか、出口で邪魔をしている私への視線は温かかった。
あー恥ずかしい、デモ ニッポンジン トテモヤサシーネ
<;^o^) 

 

« 蛾と蝶の違い | トップページ | 野菜サラダを美(味)しく »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 蛾と蝶の違い | トップページ | 野菜サラダを美(味)しく »

無料ブログはココログ