« (-皿-)zzzマウスピースをくわえて寝ています | トップページ | 突然膝が痛くて階段を降りられなくなった »

2019年6月17日 (月)

閃輝暗点に似た症状

先日の季節外れの猛暑日に、運動会が有った。
それでもビデオ撮影係の私は頑張って撮影に出かけたのだが、今回は年寄りの冷や水ならぬ、年寄りの日焼けを避けるため、初めて日傘を持って出かけようと考えた。

とは言え、日傘は女性の持ち物が常識と思っていた私には日傘の持ち合わせが無く、家族の日傘を借りようとしたが女性が好む柄ものばかりで、私には合わないと家族から反対されてしまった。
別にねえ…私は構わないのですが…助言に従いまあ雨傘で良いだろうと持っていき使ってみて大感激、その日の湿度が低かったことも有り、陽に当たると火傷しそうな日差しなのに傘の下はすがすがしく、日傘男子が増えた理由がよく分かった。

それでも、目に飛び込んでくる光は強く、網膜が日焼けするのでは心配するほど眩しかった。
それが祟ったせいか翌日朝食後に閃輝暗点に似た症状が現れたのだが、出て来る場所がいつもよりは端の方だった。

この視覚の異常については私のブログに登場しただけでも、
2012/04/04「閃輝暗点」
2014/12/08「閃輝暗点がまた来た」
2018/10/29「お久しぶりのゲスト達が続けてきた」
の記録がある。

子供の頃の閃輝暗点は発症するきっかけがよくわからなかったが、略定間隔(月に一度程度)に現れ、ギラギラの出方も形も場所(視界の真ん中で見たいところが見えない)も消え方も、消えた後の強い頭痛と吐き気が来るのも毎回同じだった。
中学に入学して直ぐに数日入院して精密診察をしてもらうと、自律神経失調症との診断で飲み薬を服用し始めたら定期的発症は消えたと記憶している。

ただ定期的には出なくなったものの、30代までは何かの拍子に何度か出て来た。
記憶にあるところでは、以前のブログ「海水浴での怖い話」でのトラブル起こしたその翌日と翌々日に続けて発症してしまった事がある。

二日続けて出たのは、その時が初めてだったが、強い日差しや疲れが発症のきっかけになったようだ。
発症後の一日目はしおらしく頭痛と吐き気に耐えたのだが、翌日朝にもまた来て腹が立ち、頭痛後の吐き気が来たら思いっきり嘔吐してやろうと、夏休みの民宿なので、真昼間から当時販売されていた××××ジャイアントとか言う瓶ビール一本ぐい飲みして眠ってしまったら、あら不思議頭痛も吐き気も来なかった。
ただ皆様は…A;´Д`)/ マネハシナイデクダサイ

今回はギラギラの場所が以前とは違っていたので、閃輝暗点ではないのかとも考えた。
しかし、まるで目の前にギラギラがある様に両目で見える事も同じなので、もし閃輝暗点だとすると、消えた後には強烈な頭痛と吐き気が来る。
よって最近の回避方法はかつての浜辺の出来事と同じ方法で逃れたいのだが、今回は朝食後なので腹いっぱいだし、昼間からのお酒はチョット今の私のポリシーに反するので気が乗らない。

久しぶりにあの懐かしい頭痛と吐き気とのご対面を覚悟して様子を見ていると、30分程でギラギラがなくなったが、幸いにも頭痛も吐き気も来なかった…ただ、頭痛のない事が良い事とは限らない事は、以前のブログで述べた通りなのだが。

最近、視覚についてのトラブルは閃輝暗点以外にも有った。
最近の出来事では、思いっきり天気の良い日、家の中から陽がサンサンと当たる路上に呼び出され、直射日光を受けた真っ白な用紙を見せられた時に、失神するのではと驚いたほど目が眩んで視界が紫色になり、慌てて日陰に避難して失神は免れたが、こんなことは初めてだった。

アウトドアが久しくなった昨今、弱るのは筋肉だけではなく、視覚もへたってきているようなので、天気の良い日は外の日差しを眺める習慣をつけた方がよさそうだ。

話はガラッと変わって、我が家のベランダに季節になると咲いてくれるゼフィランサスが今年も五月末あたりから現在に至るまで、続けて開花してくれたのだが、形が少し違う花弁の物が混じっていたのに最近気が付いた。
以下の写真の中で並んだ三輪の中央の花がそれで、よく見ると花弁の数が7枚…一枚多い…だけではなくオシベの数も一本多く7本に見える。
7
左右の花は花弁もオシベも6個ずつなのだが分かりづらいので別な角度から、
Dsc_1050  
ホラね、どう見ても花弁もオシベも、6枚と6本…これが普通のはずだ。
7×7は稀有な発見なのかと喜びかけたが、念のために過去数年の写真を見ると、去年の一枚に7×7が一輪ありました。
…が、それ以外は全て6×6でした。

ネットで探すと花びらの数のばらつきは珍しい事ではないらしいのだが、この種(たね)が出来たら蒔いてみて、この花弁から出来た種は全て7×7になるか、開花させて確認するつもりだ…が…種が出来る頃には忘れていたりして…蒔けたとしても開花までには数年かかるようだし……いやそれより私は生きているだろうか…
(-ノ_- )/゙U チ~ン
仮に、数年後に開花した花を見られた場合「お~っ!珍しいゼフィランサスが咲いているぞ」なんて喜べたら、ボケもお得なのか…

何はともあれ7×7の茎にしるしをつけたので、興味と寿命がある方は数年後まで待っていて下さい。

 

« (-皿-)zzzマウスピースをくわえて寝ています | トップページ | 突然膝が痛くて階段を降りられなくなった »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (-皿-)zzzマウスピースをくわえて寝ています | トップページ | 突然膝が痛くて階段を降りられなくなった »

無料ブログはココログ