« 失敗が増えた | トップページ | 新たなネットショップに会員登録をした »

2019年4月 1日 (月)

コンカツ

コンカツと言っても私のブログ、ハートときめく婚活ではなく、当然胃袋ときめくコンニャク(蒟蒻)を揚げて作って、私が名付けた「コンカツ」…食べ物の話だ。
私のブログを見てくださる方の特権として、まだ試作段階ですがチョットだけお見せします。
(本音は自慢したいだけですが)

これが蒟蒻に衣をつけて揚げたコンカツの写真。

Konkatu01

少し色黒だったが未熟な私にしては上出来だと思っている。
カツの衣は、おろした長芋と低タンパク米のパン粉を使用してみた。

このコンカツを食べやすいサイズに切って丼のご飯に乗せてみた。
ご飯に乗せた理由は…新たな皿をだすと洗い物が増えるからだ。
Konkatu02
この写真を撮った後にダシ割醤油をかけて頂こうとしたのだが、私にとっては胃袋ときめく豪華なコンカツなのだが…これを人に見せるとしたらチョット貧相?
そこで閃いた、腎不全になってからは長年、手の届かない遠いあこがれとなってしまった、カツカレーにしてはどうだ。
早速、低塩低タンパクのレトルトカレーを温めてコンカツにかけてみた。
Konkatu03
わっはっはー、どうじゃー、美味そうーっ!!!
…とあっさり紹介したのだが、私にとっては幾多の挫折を繰り返してやっと到達できたコンカツだったのだ。

そもそも揚げ物は好きだが、この時まで自分で揚げた経験も知識も無い。
その上に、私の使用するキッチンには油が少ししか無く、揚げるのに使用して残った油を収められる器も無い。
それでも私が今回は揚げ物をしてみようと思った理由は二つ。
不覚にももったいなくも賞味期限を切らしてしまった未開封の低タンパク米のパン粉が引き出しの奥から出てきてどうしようかと考えていたところ、マヨネーズとパン粉で簡単にカツができるとの記事を目にしたからだ。

それなら大した手間もかけずに何とかなりそうだと、蒟蒻に腎不全患者向けのマヨネーズタイプをペタペタ塗りそれに米パン粉をまぶした。
油が少なくても済むように小さなフライパンを出して、そこに油を入れてこのくらいかと熱した後に、その衣をつけた蒟蒻を箸でつまみソロソロと入れたら、衣は線香花火の様に飛び散り、残ったのは裸の蒟蒻ときつね色に飛び散った米パン粉だけだった。
(その揚げた蒟蒻を食べてみたら、それなりの味で悪くはなかったし、揚がった米パン粉も網で採り、うどんに振りかけたら美味しかったのだが)
油温のミスもあったのかもしれないが、衣になると思っていたマヨネーズタイプは油に溶けてしまったのか油の中にみあたらなかった。

マヨネーズタイプは衣にならないとその日は諦めて、いろいろなつなぎの候補を考えたが、私のキッチンに常備してある衣になりそうなベトベトする材料と言えば、大昔に「とろろの冷凍」で紹介をした長芋のとろろだった。
後日長芋のとろろを解凍した後に蒟蒻に塗り付け、その上に米パン粉を押し付けた後に箸で持ち油に入れようとしたら衣だけ蒟蒻からはがれて油にドボン。
長芋の衣は蒟蒻にはしっかり絡んでくれないようだ。

箸で挟むから衣が剥がれるので、皿から滑らすように油に入れたらどうなるか試した結果が以下の写真だ。
Konkatu00
それでも衣が破れて蒟蒻が丸見えだが少しはそれっぽくなった。

簡単に出来ると根拠もなく思っていた事を反省し更に後日、一口サイズに切った蒟蒻で、蒟蒻の前処理、衣の付け方、油の量と温度、揚げ方等を何度か変えてみて何となくコツがわかった。
作り方を整理して後日にもう一度やって、やっと出来たのがこのブログの始めに掲載した写真だ。
それにしても小さいフライパンを使い少量の油で揚げる油の温度は、鍋の淵と中央ではかなり差が有り揚げむらができる事や、油温を適温に保つには頻繁に火力の調整が必要なのは、手抜き第一主義の私には大問題だったが、それも揚げ方の一工夫で乗り切った。

所で、蒟蒻から逃げて揚げられた衣だけ食べたらこれがなかなかの珍味だった。
考えてみたら結果的に、長芋のとろろを米パン粉でくるんだ長芋のコロッケなので美味しいのは当たり前だし、とろろを米パン粉でくるんで米俵の形にしてから揚げ、とろろが固くなる前に取り出せば見た目はクリームコロッケだ。

今回のブログの冒頭にこのコンカツは試作品と述べた。
それは見た目と食感は肉のカツらしくなっていて美味しかったものの、蒟蒻の味にもう一つ本物(肉)感が欲しいので私のイメージとしては完成とは言い難く、蒟蒻の味が私の寛容な舌に合格したら、失敗して揚がった裸の蒟蒻を何枚も食べながら獲得した作り方のコツを含めてホームページに載せようと思っている。

ただ、蒟蒻を牛丼風味にする格闘は私のブログ「美味しい牛丼を食べたい…」の1~3とファイナルで紹介出来たが、今回のコンカツはコンニャクを豚肉風にする味付け方法がなかなかみつからないので…完成はいつになることやら。

 

« 失敗が増えた | トップページ | 新たなネットショップに会員登録をした »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 失敗が増えた | トップページ | 新たなネットショップに会員登録をした »

無料ブログはココログ