« 夜間のトイレ回数を減らしたい | トップページ | 万歩計 »

2019年3月 4日 (月)

本当に有った怖い話

いつもはバラバラな時間に食事をする子供達全員が久しぶりに夕食で集まり、最近の出来事について話の花を咲かせていたので、私はもっぱらバラエティートークを聞くように楽しんでいたら、会話が最近有った怖い話に及んだ。
それも興味津々で聞いていたら、怖かったことはないかと突然私に振られてしまい、えっ?いきなり振られても…と焦ってしまった。

子供達が幼かった頃の寝かせる役は私だったので、稚拙な怖い作り話も過去の怖い出来事も全てお話し済み、ほとんど居直っているこの歳で最近本当に有った怖い話となるとなかなかねー……おっ?!…有ったゞ、その日の不可解な出来事を思い出した。
σ~~~(m´ρ`)m~σソレハネー…
エッ (((゚Д゚; )))ブルブル
「今日一階で食事をしていたら二階で足音がしたんですよ…二階には誰も居ないはずなのに…
何だろうと聞き耳を立てていると…次に一階の玄関の戸の閉まる音とそれを知らせる電子チャイムの音楽が聞こえたのだ」
「玄関を開閉した?…誰が??」
「玄関から二階へは、私のいた場所から見られずに出入り出来るので、不審に思い手近にあったお守り…ではなく、超合金の棒を握りしめて玄関の戸を確認しに行くと、閉まっていたものの施錠はなされておらず、施錠して恐る恐る二階に上がり部屋の隅々まで見ると…そこには異常は見当たらなかったのだけれど、怖いでしょう…?」

…と私の怖い話を終えた後に念のため、誰か途中で帰宅したかと聞いたがやはり全員否定。
一応「行ってきます」と「ただいま」は聞こえるように元気よく、戸締りや施錠はしっかりしましょう、と大変為になる怖い話をしたつもりだったが、皆が期待する内容ではなかったようだ。
その場に居合わせなかった子供達には、フーン、程度の事件かもしれないが、二階の足音は聞き違えたとしても、玄関開閉時のチャイムの音の聞き違いはありえないので、私には気分の悪い話だ。

何かを盗まれた形跡はなかったが…もしかすると何かを置いていった?
盗聴器?隠しカメラ?ウイルス?爆弾?…疑心暗鬼で次々と思いつくが、物騒な事件が多い昨今、この怖さには切りがない。

私にとってのこの怖い話は現在でも未解決のミステリーなので、現在防犯カメラを物色中だ。
ウッ (;一_一) タカイ\…

« 夜間のトイレ回数を減らしたい | トップページ | 万歩計 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本当に有った怖い話:

« 夜間のトイレ回数を減らしたい | トップページ | 万歩計 »

無料ブログはココログ