« 就寝中に尋常ではない寒気 | トップページ | 又又又又しても長い不整脈 »

2019年2月 7日 (木)

今度は昼間に頻脈と心房細動

先日は夜だったが今回は昼寝から起きてのんびりと歯を磨いた後、明日の朝食に食べる予定の柿の実を見ると、かなり大きくて一個を一食では食べきれない。
1/2にしようか1/3にしようかと柿の実と包丁を持って迷っていたら、突然頻脈がドドドッと襲って来た。
手から柿の実と包丁を離し深呼吸をしたり「貧血のポーズ」をしたりいろいろ体制を変えてみたら、五分程度で収まった。
ヤレヤレと再び柿の実と包丁を握ると次は不整脈の真打心房細動の登場だ。
昼間なので短時間で治まるだろうと立ったり貧血のポーズをしたり歩いたりトイレに行ったり色々試みたが、時々十秒程度正常な脈に戻るが直ぐに再発してしまう。
どうなっているのかと血圧を計ると、エラーとなるか値がバラバラで参考にならない。

二度とも柿の実をつかむと始まった不整脈、再び柿の実をつかみ「お前の怨念か~」と言いがかりをつけながらバッサリ包丁を入れたら…ナント不整脈が…治るわけがなく、以降様々な技を繰り出してみたが3時間強も続いてしまった。
不整脈がやっと治まったのは貧血のポーズをした時だが、このポーズが治まるきっかけになるのは不整脈が始まって直ぐに、若しくはもうそろそろ心臓も不整脈で疲れてきた頃だ。

治まった後も再発を恐れ、貧血のポーズのまま約30分壁に寄りかかり、その後もやはり30分程椅子に座り続け再発しない事を確認した後に血圧を計ると、血圧は普段の通りだったが脈拍は不正脈が治まって一時間もたつのに88回/分と早いままだ。

先日出たばかりなのに今回も稀に見る長い時間の発症ですっかり疲れた。
風呂から出た後に体重を計ると不整脈中のトイレ通いのせいか400g減だった。

「水分を沢山失ったからビールだ」と勝手に決め、いつもの様に晩酌と食事をしたので、家族は私の体調にあまり触れなかったが、食後の「今夜はゆっくり寝てね」との言葉からすると家族もそれなりに心配をしているのかも…

言われた通り早く寝て、今夜こそ熟睡できるだろうと予想したのだが、早朝2時に目覚めトイレに行き戻って寝ると何故かすぐに眠れず、30分後に又又しても不整脈が…
直ぐに飛び起き貧血のポーズで治まり再び布団に入ると更に30分後に、又又又しても不整脈が…
直ぐに再度飛び起き貧血のポーズで治まったが、この状態が朝まで続くようだったら明日は医者に行き、もし慢性となっているならばカテーテルアブレーションの相談をしようと覚悟をして布団に入った。
幸いに、その後の発症は無く、少なくとも今日までは落ち着いているが、気まぐれな不整脈相手は疲れるな、でも、気まぐれではなくてずーっと一緒だったらもっと疲れるか…

« 就寝中に尋常ではない寒気 | トップページ | 又又又又しても長い不整脈 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今度は昼間に頻脈と心房細動:

« 就寝中に尋常ではない寒気 | トップページ | 又又又又しても長い不整脈 »

無料ブログはココログ