« 今度はカリウム不足の話 | トップページ | 手作り食器乾燥機 »

2019年1月21日 (月)

夢と現

今年も毎夜数本の夢を見ており、それは楽しかったり日常風景だったりした夢も見たようだが、感覚的に残っている夢は私の夢御三家、追われる夢と帰れない夢と食べる夢だ。
ただ、見た夢は全て脈絡が無かったので、時折ブログに載せている私の初夢を今年は書けなかった。

夢の種類は喜怒哀楽いろいろだが、いずれの夢も細かいところは私と環境の変化を反映し少しずつ変化している。
夢御三家も物語の流れはマンネリだが少しずつ変わってきている。

追われる夢で変わったところは、見るようになった当初は追う物は野獣だったが、最近になってみる追われる夢は追うものが未達成な約束事や得体のしれない強い奴が定番になってきた。

帰れない夢では、方向音痴な私が現実でスマホの地図ナビ利用が定着したからか、夢の中でもスマホを利用するようになり、帰る方法がわからないのではなく、何かの様々な障害(例えば駐車場に止めたはずの車が見つからない)のために帰途につけないようになった。

食べる夢は、夢の中で成分に気にしつつも一般的食品を食べてしまったと以前に述べたが、最近は必ず「これっくらい良いか~」と食べるようになってしまった。
実際の成分管理の基準は緩めていないが、クレアチニンの横ばいが気の緩みを生んでしまったようだ
それにしても食べる夢で残念なのは、全て味の記憶が無い事だ…夢の中くらい食べたい物を美味しく腹いっぱいにしたいのだが。

それらの夢を見る理由にはweb上で諸説あるが私の考えは、夢御三家はそれぞれ現実の世界で、私を徐々に追い詰めてくる困難、いくら努力しても戻らない健康、毎日の食品成分管理との葛藤、これらへの恐れや焦りの心理が夢となって出て来るのだと思うので、悟りとは縁のない私は、多分一生付き合わなければならない夢だろう。

もし見ることを止められないのなら、この夢をもっと楽しむ方法は無いのか?
そういえば過去に劇的に変化できた夢が有った。
以前のブログでもしかすると書いていたかもしれないがまだ学生だった頃の夢で、今でも鮮明に覚えている傑作な夢がある、内容はこうだ。
…以下夢の中…
私が家にいると外から轟音が聞こえて来た。
窓を開けてみると巨大な竜巻が接近してきていた。
窓を閉めオロオロしていたら家ごと吹き飛ばされてしまった。
…夢第一話ここまで…で目を覚ました。
そこで、もしあんなことが本当におきたら、さっさと家を出て安全な方向に逃げなければならないと反省し再び布団に潜り込み眠りについた。
…以下再び夢の中…
私が家にいると外から聞き覚えがある轟音が聞こえて来た。
これは竜巻だ、家から出て逃げなければだめだと玄関から飛出したら直ぐに竜巻に巻き込まれてしまった。
…夢の続きもここまで…で目を覚ました。
ドキドキしてはいたものの、あまりにも笑える夢だったので、親や友人達に話しまわってしまったが、覚醒した時の反省がこうも簡単に夢の中で生かされるとは思わなかった。

他にも、以前のブログ「追われる夢」のなかでも伝えたので詳細は書かないが、もう逃げまいと覚悟をして、次の追われる夢に挑んだら勝利して覚醒した
こうしてみると、「夢は積極的に変えられる?」ようだ。

と言うことで次回からは「あー夢を見た」だけではなく、夢を覚えているうちにしっかりと今度この夢を見たらこうしてやろうと納得できる対策を決めておけば、自分の都合の良い夢が見られるのかもしれない。

脈絡のない夢の中でも私は矛盾を感じないように、現(うつつ)と思っている世界に矛盾や不合理が有ったとしても、私はそれを沢山見落としているのだろう。
考えてみると、つい最近?まで地球は円盤でなんの不便を感じなかったのだから。

どちらが夢でどちらが現かわからないのなら、両方とも私の人生としてしっかり味わなければモッタイナイのだ。

« 今度はカリウム不足の話 | トップページ | 手作り食器乾燥機 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢と現:

« 今度はカリウム不足の話 | トップページ | 手作り食器乾燥機 »

無料ブログはココログ