« 夢と現 | トップページ | 不整脈がダブルできた »

2019年1月28日 (月)

手作り食器乾燥機

かつて大活躍して、今は細々と私だけが使用している食器洗い機に水漏れが昨年末に見つかった。
洗い機の置いてある台が水浸しになっているので気が付いたが、洗い機を少しずらして台を見ると、その部分に黒い塊(カビ?)がこびりついていたので、漏れは大分以前から少しずつ始まっていたようだ。

年末は何かと気ぜわしかったので、ボロになった私のTシャツ数枚を、取替えながら洗い機の下に敷き使用し続け、年明けの落ち着いた最近に修理依頼の電話をした。
メーカーの答えは以前のプリンターと同じ「修理部品は有りません」だったがプリンターの場合よりちょっと親切だったのが、一応修理できるか確認しに来てくれるとの事…それも無料で。
v(^o^)ラッキー
みてもらうと心配の通り「部品交換が必要だが無いために修理ができません」との結論。
更に「折角来たのだから今なら無償で引き取る」との提案に乗り、あっという間に食器洗い機さんとバイバイになった、さっきまで洗浄してくれていたのに。
(;_;) オマエモカ…
昔の食器洗い機なのでかなりの存在感がある大きさだっただけに、洗い機の乗っていた台の上は明るくさっぱりしたものの、もの足りない空間が広がった。

新しいのを購入しようかと食器洗い機の新品をネットで見ると単価は1万7千円~10万円あたりが家庭用の主流の様だが、私の食器の量なら一番低価格の物で十分だろう。
ただ、私が洗うのは主に私のホームページの朝食セット(米飯編)で紹介している食器なので、鍋釜箸などを数えてもせいぜい10数個だ。
食器使用後に温湯を満たしてある桶にしばらくつけておくので、洗うのは大した手間ではない…と思うとやはりモッタイナイか…

その上、メインのキッチンで頑張ってくれている家族は食器洗い機に関し、出る食器の量は家庭用の大きな食器洗い機でも入りきらない上に場所をとりすぎるし、入れる前にひどい汚れやこびりついた汚れは、結局手で予備洗いをしなければならないので、あまり時間の節約にはならないと言っている…ので今まで私だけが使用していた。
p(^^;)q 手荒レガコワイ

それらを考え、洗い機の購入は男らしくきっぱり諦めたが、唯一諦められないのは高温除菌乾燥機能だった。
キッチンの流しに食器が乾くまで置いておくのは邪魔だし、かといって布巾で拭く手間と、その布巾を清潔に保つ手間も考慮すると面倒なのだ。

それでは乾燥機だけでもとその価格を調べると…何と一万円前後…安くない…どうしましょう…;;
迷いながらキッチンを眺めるとそこには馴染みのステンレス製のカゴがぽつんと床に横たわり、寂し気にじっと私を見上げていた(ような気がした)。
そのカゴは食器洗い機付属の、食器を洗うために乗せたカゴだが、洗い機がなくなった後に手で洗った食器の水切りにも使えるかもしれないと、食器洗い機から外しておいた物だ。

そこで閃いた!!!
これで乾燥機を作ってみようと早速アイテムをかき集めた。
・寂し気なカゴ
・空の段ボール箱
・私が昔使っていて、何故か今は使い道のない、ヘアドライアー
・設定時間で電源オフができるタイマー
・ガムテープの類
それで作ったのが…名付けて
「食器乾燥機の有効性を確認するための実証機一号」(以降一号)。
それが以下の写真だ…が…それを観る前に是非お願いが有ります。
*危険
段ボールの発火や、食器が焦げたり変形したり破損する恐れが多々ありますので、ご覧の皆さまは本品の制作を絶対におやめください。
私自身も耐熱性でない樹脂製食器を数個変形させてしまいました。
これをご理解の上で一号をご覧ください。
一号
Kansoki

お粗末極まりない出来栄えだが、何度かテストをした結果は、10分の温送風で食器をかなりの高温(熱くて触れない)で乾燥できたので、多分殺菌も期待できると思っている。
最近家事のニュースが目につくので、乾燥を開始したら終わるまで傍にいる。
何個かの容器変形を反省しつつ、これを暫く使ってみて乾燥機が本当に便利か確認したうえで購入するか否か決めよう。

因みに…食器洗い機の洗剤が余ってしまったので、空になった調味料入れにその洗剤を入れて、洗いスポンジに振りかけながら使用してみたが簡単に洗剤が溶けないし、やっと溶けても泡が立たないので洗った感が無い。
(洗浄後の食器を触ると、食器についていた油や汚れは落ちているようだが)
そこで現在は熱い湯を洗い桶に満たし、そこに食器洗い機の洗剤を入れるとすぐ溶けるので、そこに使用後の食器を入れてしばらく放置した後に、勿論キッチングローブをして桶の中で洗うと簡単にすっきり洗えるし泡が立たないのですすぎも簡単だ。
それに桶の湯の中で洗うと食器を落とさなくて済むし、手がサウナ状態で気持ちが良い…と自分を納得させている。

それにしても、我が家には昔の製品がいっぱいで皆修理不能と言われる物ばかリだ…なんて愚痴はこぼせない…私も修理不能だから…お互い様でした。

« 夢と現 | トップページ | 不整脈がダブルできた »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手作り食器乾燥機:

« 夢と現 | トップページ | 不整脈がダブルできた »

無料ブログはココログ