« 果物の冷凍 | トップページ | 人工知能 »

2018年10月 8日 (月)

美味しい牛丼を食べたい…その2・コンニャクの臭い対策

最近のブログに牛丼を食べたいと書いた。
牛脂を使用することにより、私にとっては牛丼の風味となったが、マイホームページに永久保存版として牛丼モドキを載せるためには、見た目も食感も本物の牛丼にもう少し近づけたい。

それを満たす候補として考えているのは、ダイエットでも肉替わりと紹介されているコンニャクだ。
ただ、コンニャクを肉の代わりに使用するためには、先ずコンニャクの臭みを取らないとコンニャク丸出しとなってしまう。

そこで今回は、ネットで検索した代表的なコンニャクの脱臭方法、茹でる、塩もみをする、両方をする、を試してみた。

略同じ量のコンニャク(刺身用ではない)を
①よくすすぐだけ
②よくすすぐ、五分茹でる、冷水ですすぐ
③よくすすぐ、塩もみする、すすいで塩を落とす、五分茹でる、冷水ですすぐ
の三通りを試し、食べてみた。
以下の写真は左から①②③の順に並べたものだ。 Photo_4
いずれも水はペーパータオルでしっかりふき取ったが、手をかけたコンニャクほど小さくなった。

味付けをせずに下の順で食べると、
③は、生臭さは感じない
②は、わずかに生臭い
①は、「くっさ~い」
となってしまった。

①のためにあえて弁護しますが、私は今まで軽くすすいだだけで、焼いたり炒めたり煮たりして食べている。
それでも、匂いは多少していたもののそれはそれでコンニャクの風味として美味しく頂いていた。
多分、匂わないと思われる順で神経をとがらせて匂いを嗅いだので、大きく差がでたのだろう。
本音は、どれも大差ないとの結果が出てくれれば、料理は手抜き第一をモットーとしている私としては、とても都合が良かったのだが。

これだけ匂いに差が有るのなら仕方がない、③の方法でコンニャクを処理し、そのコンニャクを牛脂で炒め再び牛丼風味を作ってみた。
Photo_2
今回はコンニャクがどんな風味になるかを試すためなので、食材はコンニャクが主、それ以外はエノキ少々と生卵一個。

結果は、コンニャク独特の臭いはすっかり消えて大成功だった。
作り方は、私のホームページで紹介している「こんにゃく卵丼」とほとんど同じで、違いは乾煎りした後のコンニャクを牛脂で風味をつけただけだが、野菜だけよりはそれらしくなりこれも美味しく食べられた。

因みに前回の野菜だけでの牛丼モドキの味付けについて、牛丼屋さんの店員に味見してもらったら、「う~ん、チョット違うかな、でもそれらしい味はしている」との高い?評価を頂いた。
違いについては何か?との私の質問に「もうちょっと甘辛(塩)ければ合格」、だったので甘いのは苦手で、更に塩分控えめの腎不全の私的には合格とした。
この料理法だと、コンニャク独特のツルツル感とプリプリ感が残り、柔らかくて飲み込みやすい食事を好む人には、ここまでで十分だと思う。

ただ、私的には牛肉のざらざら感や弾力に少しでも近づけたいので、次に自分で昼を作る機会が有ったら、試してみたい調理法が有るので挑戦しようと思っている。

« 果物の冷凍 | トップページ | 人工知能 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美味しい牛丼を食べたい…その2・コンニャクの臭い対策:

« 果物の冷凍 | トップページ | 人工知能 »

無料ブログはココログ