« 塩分一日5gの話 | トップページ | 無塩バターを買った »

2018年8月13日 (月)

冷凍庫に入りきれないのは…

冷凍庫から密封容器がコロンと出て来たので確認すると、いつの頃か沢山のリンゴを頂き、それが傷む前にカットして冷凍した林檎だった。
Photo冷凍した時期をリンゴの季節から想像すると、長くて1年半前、短くて半年前。
何れにしろかなり前なのでどんなものかと、三時のお茶請けに恐る恐る食べてみた。

ほのかな酸味と甘みでとても美味しかったが口の中が冷たくしびれてしまい、その後に温かいお気に入りのお茶を飲んでも温度を感じず、氷菓子はお茶請けには向いていないようだ。
翌日になってもお腹は壊さなかったので、純粋林檎のアイスキャンディーとして楽しみに少しずつ摘まんでいる。

それに気を良くして、熟しすぎてとろけ始めたメロンが有ったのでこれも冷凍しようとカットしてみた、こんな風に。 Photo_2しかし、このようにカットされたメロンを眺めて、私だけかもしれないが、メロンは皮つきで三日月の恰好をしていないと威厳がないと感じた。
次からは皮付きの三日月形で冷凍することにしたのだが、人によっては満月でないと威厳がないと感じるリッチな人がいるのかもしれない。

等と考えながらいざそのメロンをしまおうと冷凍庫を開けると入れる隙間が無い。
仕方なく久しぶりに整理しながら何が入っているのか確認をしてみたらいろいろ有ってビックリ。
例の冷凍日時不明のリンゴの他に、
料理で食べ残した餃子が三個と豚レバー。
カットした油揚げ、シイタケ、白菜、にら、ほうれん草、ごぼう、小松菜、オレンジの皮、唐辛子、スライス大根。
小分けされたナメコ、長芋のとろろ、キムチ、高菜の漬物、ごぼうと昆布の煮物。
その他に冷凍食品のミックスベジタブル、減塩チキンコンソメ、焼きするめ、カットされていない油揚げ、煎茶、ほうじ茶、コーヒー豆、水を入れて凍らした500mlペットボトル。
以上が私専用の冷凍された食品だが、他にも家族が食べる食品も入っているので隙間なくギッチリ満員御礼。

自分専用の食品容器には内容物を書いた付箋を貼るのだが、奥に隠れてしまうと、いつものことで私の記憶からも隠れてしまう。
賞味期限内に食べきれないものは、使いやすい形にして冷凍するので、食品ロスはほとんど発生させないと自負しているのだが、以前には余裕が有った冷凍庫が最近はすっかり手狭になってしまった。

食事を制限されてみると尚更にあれも食べたいこれも食べたい、どんなに大きな冷凍庫にしたところで、私の食への業は入りきれないのだろうな。
( /ё\ )イマノ レイトウコデ ガマンガマン

« 塩分一日5gの話 | トップページ | 無塩バターを買った »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冷凍庫に入りきれないのは…:

« 塩分一日5gの話 | トップページ | 無塩バターを買った »

無料ブログはココログ