« 上室性期外収縮が何故か落ち着いている | トップページ | 今日くらいはねー »

2018年6月18日 (月)

AIから嫌われる?

以前有名なAIが人種差別的な発言をし、一時動作を停止されたと報道が有った。
それでもAIは進化しているようで、様々な人の審査もAIがするようになった。
その中で今回は就職希望者の審査をAIがした時の話題が興味を引いた。

ある就職希望者がAIから最終学歴の学校名を問われたので答えるとその場で不合格になってしまい、試しにと学校名を変えたら審査が次のステップに進んだ、との報道も耳にした。
革新性を重んじる昨今、この募集をした会社が単純に学歴で差別したとは思えない。
今のAIは結論を出すが何故その結論に至ったかの説明はできないらしいので、この時の出来事を差別とは表現せずに、AIから嫌われた、と表現したのには妙に説得力がある。

そんなニュースを知った後、AIを使って私の審査をしてくれるサイトがないかと探していると、婚活のWEBサイトが目に留まった。
もしかしてAIが…とそのサイトに入ると、先ず聞かれたのは、私に関する情報。
性別、歳、身長、年収、学歴、趣味等々
次に聞かれたのは、私が希望する相手の条件…は似た様な項目だった。

年甲斐もなく多少のわくわく感を持ちながらここまで入力し終えたらすぐに、
「結果を送信するから私のメールアドレスを入力しろ」との事。
えっ?これだけの項目で相手が決まるの?
入力内容がそれでおしまいなら、AIの出番はなさそうだと判断し私のメールアドレスを入力せずに中断しそのサイトを離れた。
ヒヤカシデ ゴメンナサイm(_ _)m

私がAIらしいと感じる婚活サービスはどのような物だろうと想像してみたら以下の様だった。
最近はAIスピーカーとやらが有るらしく、それに「私の最適パートナーを探しなさい」と指示すると、最初の入力データは一切ないはずだ。
何故ならAIスピーカーは私の正体を知っているので私の好みなど必要なデータはサーバーに残されたビックデータから、私の入力データや検索内容を照合し、AIが独自に私の分類をし、その分類に適合する私の結婚相手をWEBデータから探し出すだろう。

勿論、最適を判断するのに必要な質問をしてくるかもしれないが、それは希望する相手の年齢だとか収入だとか男か女かみたいな、私でも選別できるような質問なら私の期待するAIではない。
例えば、こんな質問ならAIらしい。
「夫婦でわが子の運動会を観に行き、徒競走であなたの子供が走り始めたら、あなたの子供に一番になってほしいと応援しますか?」
この様に、何を知りたいのか意味不明な内容でないとAIらしくない。

…で、選ばれた相手の写真と履歴そしてAIによるその人の性格などの分析結果が表示される。
さらに、その相手との上手な付き合い方や、結婚した場合に授かる子供の容姿性格まで予想してくれて…AIスピーカーから「お似合いですよ~割れ鍋に綴じ蓋で…」…とか言われたりして…
…てな感じが私のイメージするAIによる婚活だ。

世間の評価からは、AIは人を超えて神になり人にお告げをするようになるのではとの危惧を感じる。
ただ、私はそれよりもAIが究極の普通の人になった方が、本当にすごいと思っている。
ただ、好き嫌いのあるAIなんて親しみが持てると思うのだけれど、最初に述べた就活の場合のように、好みと差別の違いを区別するのは…人と同様にAIでも難しいだろ。

ところで、婚活のウエブを開いた後は、私のインターネットブラウザーはどのページに行っても「結婚したいの~」みたいな画像が笑いかけてくるようになった。
今までの突っ張り棒等の宣伝のように、生活色ドップリの地味な広告よりは明るくはなったが怪しげなものもあり、何とかするまでは私のブラウザ画面を家族に見せられない。

私が検索した内容は、無数の組織にバレているのは確かだ。
( ̄◆ ̄; コワイデスネ~

« 上室性期外収縮が何故か落ち着いている | トップページ | 今日くらいはねー »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AIから嫌われる?:

« 上室性期外収縮が何故か落ち着いている | トップページ | 今日くらいはねー »

無料ブログはココログ