« 朝食にアボカドを食べてみた | トップページ | 角膜が化膿 »

2018年3月12日 (月)

成分管理用のノートパソコンを買った

現在、食事の成分管理とその記録用に使用しているノートパソコン(PC)は毎日何度もフリーズする。
システム管理ログを見ても原因はわからず、フリーズだけではなく、表示領域のメモリ不足とのメッセージも頻繁に出てくるところをみると、十数年分の成分管理のデータが大きくなってしまい(約11万件)、今のPCには荷が重いようだ。
 
そのために、成分管理データでは入力処理を優先にするため、自動バックアップ機能はすでにOFFにしていたり、表計算の自動計算も作業の途中ではOFFにしたりして何とか使っている。
よって、作業中の処理の区切りでデータをセーブし、作業し終わると外部メディアにバックアップをとる習慣が有るので、フリーズされても慌てずに電源をブチッと切って再スタートが習慣となっていた。
 
ただ、現在のPCは私の以前のブログ「命あるもの」(2011/09/02)の事件後に購入したものなので使用を開始して足掛け7年になる。
それ以前のノートPCは6年間使用していて突然の起動不能となったので、現在のPCに同じことが起きる前に買わなくてはと思っていたものの、先立つもの(¥)が乏しくて決心がつかない。
 
しかし先日、エクセルとワードを立ち上げて更新作業をしていたら、入力中にフリーズをしてしまいセーブする間もなく、その時の入力済データがパアとなってしまった。
フリーズには慣れていたつもりの私もショックで、この事件がきっかけで迷いが吹っ切れ、買い替える決心がついた。
 
そこで、次に買う仕様の概要を決めてネットでPCを物色してみたがなぜか見つからない。
仕方なく池袋のPC店に行って店員に訊ねてやっとわかった。
私の探していたA4サイズの国産ブランドのPCは、メインドライブとしてHDDではなくSSDを搭載している種類がほとんどだった。
しかしこの様式で私の手の届きそうな価格のPCでは、現在でも不足と思われるドライブ容量は現在のPCと比較し4分の1しかない。
 
ソンナPCツカエルカ~(ノ`□´)ノ⌒\///:・'.::
と啖呵を切ってみたいが、私が望むすべての仕様のPCで見積もると、論外な価格になってしまうので、現在警告が出る内部メモリ容量だけを私の現PCより増やすことで妥協した。
ドライブ(SSD)容量も少し増設してもらったが、それでも現在PCの半分、これで我慢するしかなかった。
 
小さくなったドライブ容量を広げるためと、メモリなどの増設でのコスト上昇を少なくしようと、流行りのタッチパネルもあれもこれも知らない機能もソフトもいらないと外して見積ってもらったが、それでも質素に生活している私の家族には言えないような価格になってしまった。
 
ネットでは、HDD容量が1TBでも数万円のノートPCもあり迷ったが、素人の私にはその桁違いの安さが何を意味しているのかが分からず、寄らば大樹(売れ筋)の陰に隠れ、そのPCを購入してしまった。
 
受注生産との事で、届くのは1週間後…さてさてどんなPCが届くのか期待より新OSが使えるかどうか不安の方が大きいけれど…それより…家族に価格を聞かれたら…どうしよう;;;
ワタシハダレ? ((;へOдO))へ ココハドコ?
 
成分管理のためのPCは、医療費として保険適用に…
(*´v゚*)ゞ ナレバイイナ~

« 朝食にアボカドを食べてみた | トップページ | 角膜が化膿 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成分管理用のノートパソコンを買った:

« 朝食にアボカドを食べてみた | トップページ | 角膜が化膿 »

無料ブログはココログ