« 唐辛子の花が咲いた | トップページ | CKDと鉄分と蛋白 »

2017年10月30日 (月)

腎臓は全臓器の総司令塔

腎臓病と貧血の関係は知っていたが、先日TVのスペシャル番組で、血液を通して腎臓が全臓器と直接情報交換をし連携して作業をしていると知った。

腎臓以外の病気の為に飲んでいる薬が腎臓を傷め、結果的に多臓器不全を引き起こして死に至った症例も多く、最近の投薬は腎機能を確認しながら行うようになった、との説明にこの番組を見終わった後に少し不安になった。
その大事な腎臓の機能が、私は既に正常の3分の1までに減っているからだ。

溺れる私が掴みたいのは腎臓の再生医療だが、他のニュースでの、腎性貧血がiPS細胞で改善、とのタイトルが目に留まった。
貧血ラインで一喜一憂している私には興味深かったので記事を読んでみたが、その概要は、本来は腎臓に有る赤血球増産を促すホルモンを分泌する細胞をiPSで作成して貧血マウスに移植したところ、4週間後に貧血ではなくなったとの記事だった。

腎臓そのものを作り上げるよりはハードルは低いと思うが、それでもまだ人への応用にはかなりの長~~い期間が必要ならしい。
(´_`;)ゞ

現在は食事療法が主だが、それで良くなるのではなく悪くなる速度を緩めるのが精いっぱいなので、腎機能を回復する治療が早く出来て欲しいと願っているものの、なかなかネ~、との心境を一句。
・腎機能 再生医療や ふじに雪
Manpuk
ヨッヽ(´▽`)_◆"ザブトン イチマイ
オ笑イ ノ 出来ッテコト?(-"-;)

雨降りが続いたけれども今日は台風が過ぎた久しぶりの晴れ、窓を開けると気持も晴れて元気が出る。
暫く行けなかったプールに今週は行けそうだ。

« 唐辛子の花が咲いた | トップページ | CKDと鉄分と蛋白 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 腎臓は全臓器の総司令塔:

« 唐辛子の花が咲いた | トップページ | CKDと鉄分と蛋白 »

無料ブログはココログ