« 努力と報い | トップページ | プロテインスコア と アミノ酸スコア »

2017年9月25日 (月)

階段下りる時だけ膝が痛むのは何故?

学生達の夏休みも終わり、これからが私のシーズン。
休みの間と異なり、歓声が消えた九月のプールで、二か月ぶりの初回はデリケートな心臓君に遠慮して無理のないペースで泳いでみたのだが二か月のブランクは重く、身体がなまったのか、それとも泳ぎ方を忘れたのか、バタフライがバタバタフライに逆戻りしていた。

何とかしようとキックに頑張ったせいか、帰宅後階段を下りるのに両膝が痛くて大苦戦、回復するには湿布しながら三日かかってしまった。
この苦戦で改めて、階段を上がるのは全く痛くないのに下りる時にだけに痛いのはどうして?と不思議に思った。
比較してみると、上がり下りでの分かった違いは、階段の上り下りの時に踏ん張っている(痛くなる)側の膝が、上がる時より下りる時の方が深く曲がっていた事だ。
更に深く曲がってしまう原因を調べると、上りと下りでは体の重心の位置が違う事に依る物だった。

それで見つけた、笑えると言うか…な~るほどと言うか、痛くない下りる姿勢、その姿勢で下りる動作をしてみると、とても具合は良さそうだった…良いと言い切れない理由は試した時は既に膝は痛みが殆ど無くなっていたのだ。

痛くなったらこの姿勢をやってみようと考えながら、翌週もプールに行ったのだが、プールに入るためのゲートにプリペイドカードをタッチさせようとした時、ゲートそばの椅子に座っていた女性が突然立ち上がり、ニコニコ微笑みながら私の歳を訊ねてきた。

お年頃の私にいきなり歳を聴くとは何なのだ、とけげんな顔をして女性の顔を見つめていたら直ぐに「今日は高齢者が無料なのです」と教えてくれた。
その女性は、高齢者が今日は無料な事に気が付かず、有料で入ってしまう事が無いようにとゲートのそばに居てくれたようだ。

無料は良い事だ、今日はラッキーと喜びながら更衣室に向かう途中…ふと…私が高齢者だとわかった理由を考えると…複雑な気持ちになった。
( ̄◆ ̄;) プライドガ チョット…
それにしても男性はともかく、女性に声をかけて「私は高齢者ではありません」なんて事になったらとんだ修羅場になるなと、その光景を想像してしまい笑ってしまった。

私が主に利用させてもらっているレーンは一方通行の泳ぎ専用だが、従来はオジサンや選手らしき若者が黙々と泳いでいる。
だが、その日は高齢と思われる女性が多数泳いでおり、レーンの出発点にも楽しそうにおしゃべりしている方たちで渋滞していた。

女性進出はついにここにも来たのか、それでは女性の間に割り込む勇気を持たなくては、シャイな私はつくづく思った。

で?…なんでこの話を?
(―"―) ウ~ン? ┐(゚∀゚)┌☆アッソウダ
"く(;´▽`) 膝の話でした。

残念ながら今回のプールでは膝が全く痛くならなかったので、効果の確認は次に膝が痛くなってからのお楽しみとなってしまった。

との事で…つ・づ・く…

« 努力と報い | トップページ | プロテインスコア と アミノ酸スコア »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 階段下りる時だけ膝が痛むのは何故?:

« 努力と報い | トップページ | プロテインスコア と アミノ酸スコア »

無料ブログはココログ