« ウワサをしなくても心房細動 | トップページ | 心房細動は風物詩かもしれない »

2017年8月 7日 (月)

ドロドロ丼

 タイトルを食感から「とろとろ丼」にしようかと最初は考えたが、私のとんぶり飯の見栄えにしてはタイトルが可愛すぎるし、ましてマグロのトロと間違えて迷い込む方にご迷惑をかけるといけないので、私の料理の見た目に合わせてドロドロ丼とした。

私の昼食の動物性蛋白は鶏卵一個が基本だ。
それは、管理栄養士が私に「この栄養素は云々…」と立派な栄養指導をしてくれたが、難しくて目が点になっている私を見て「例えば、卵一個は毎日必ず食べるように」と分り易く伝えてくれたので、レシピで悩むことが面倒くさい私は、昼食には卵と決めた。
そのほうが昼食を作ってくれる家族も食材での悩みが軽減する…だろうと勝手に推測している。

先日昼時に家には私一人、そんな日は当然私が昼食を作る。
最初はピリ辛に炒めた茄子に卵を落とし、それをどんぶりご飯に乗せて食べようかと、野菜室を開けたら茄子の隣のオクラが目についた。
卵を探して冷蔵室を開けると最初に見えたのは納豆。
おくら?納豆?…そして我が家の冷凍庫には長芋の自家製冷凍とろろが常備。

ここまでそろっているならドロドロ丼が食べたいし、これらなら御飯に乗せるだけだから、炒め物と違いフライパンを使わないから後の洗い物も楽だ、と、いとも簡単に心変わり。

生のオクラは塩と水でゴシゴシした後薄く刻み、解凍したとろろに混ぜて酢とダシ割醤油と練りワサビ、納豆は粘りを出した後ダシ割醤油を垂らし、両方アツアツのご飯に乗せた。
Dorodorodon_2
ちょっとリッチにと海苔をチョキチョキ刻んで乗せて「頂きま~す」。
(参考、吸い物も入れて : 570Kcal 蛋白9g 塩分1.5g)
口の中でモゴモゴするだけでとても美味しく、噛まなくても簡単に飲み込めるのが短気な私にはぴったりだ、なんて思っていたらふと、かつて抜歯後に口の中の左右で感じる味が違うようになったことを思い出した。

抜歯後、慣れてきて分かったのは、味わいの違和感は味覚よりも噛み心地の差による方が強いと思うようになった
歯科医にその旨を伝えると、左右の歯では神経が通っている歯の数が同じではないと教えてくれた。

その時は、歯が抜ける事で味わいの喜びが減少するならば、運よく長生き出来ても何れは徐々に歯が無くなり部分入れ歯から総入れ歯、そして流動食…となると寂しい味になってしまうのかと心配をした。
しかしドロドロ丼のように、ほとんど噛まず、口の中でモゴモゴするだけでこんなにおいしい食べ物が有るのなら大丈夫だ…なんてすこし安心をした。

なかなか食べる機会が無い高タンパクのネバネバ納豆は久しぶりでとても美味しかった…という事は…タイトルはネバネバ丼の方が旨そうだったかな~?Ф('o')ゞ ポリポリ
( ̄~ ̄)b" チッチッチ イヤイヤ コレデイイノダ

« ウワサをしなくても心房細動 | トップページ | 心房細動は風物詩かもしれない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドロドロ丼:

« ウワサをしなくても心房細動 | トップページ | 心房細動は風物詩かもしれない »

無料ブログはココログ