« 体のあちらこちらが痛くなる | トップページ | 呑兵衛の独り言 »

2017年6月26日 (月)

透析開始は何年後?

最近のクレアチニン値(Cr)に上げ調子が続いている、かつては下がる事も有ったのに。
今回の定期検査ではCrをたまにはダウンさせようと決意し、検査前日は自宅で謹慎静養、更に当日は、私にとっては利尿剤になる紅茶を多めに飲み、通院の自転車は疲れないようにのんびり運転…と裏技を尽し血液検査に臨んだ結果は惨敗の1.57mg/dl、前回の前日にプールに行った翌日のCrと比較して下がるどころか0.01上昇だ。
(´Д`。) トホホ…

医師は「横ばいですね~」といつものせりふ。
横ばい?…確かに増えたと言っても数値だけ見ると僅少…と私も普通ならそう思えるのだが、今回は下げる秘術をつくしたにも関わらずこの結果…私としてはショックなのだ。

そんな不安から、私が何年後に透析の検討に入るか我流で計算してみたら、
最長170年後~最短30年後
となった。

過去から現在までのCrの分布から将来のCrを予測する手法には、ウサギ向けから博士向けまでいろいろあるようだが、私が出来る計算は…勿論ウサギ君向けの方だ。
一年前と比較して今回どれだけCrの量が増えたかを調べ、これから先毎年同じ量だけ増えた場合、あと何年で透析の準備に入るか、
との単純な方法だ。

約一年前の検査結果を調べるとCrの、最高が1.55、最低は1.46なのでその値と、今回の1.57とのCrの差(A)は、
=最少0.02/年~最大0.11/年
となる。

Crが5付近で透析時期を検討し始める(諸説あり)とした場合、今回の私のCr1.57との差(S)は、
=5-1.57=3.43
となる。

よって、
私のCrがこれから先も毎年同じだけ増えた場合、あと何年でCr=5となるか計算すると、
=(S)÷(A)=3.43/0.02~3.43/0.11
≒最長170年後~最短30年
となり、こんな計算で良いのかどうかは分からないが、結果を安心材料とした。
(;^_^A ホッ
平均的な場合、Crが 7 でシャントの準備、8 で透析(これも諸説ある)らしい。
トラブルが無ければ医師の言うとおり透析室より前に、先だった家族からのお呼びが先にかかるようだ。

ただ、透析の何が不安なのかと聞かれても…病気は色々したものの透析をした記憶はないし…それに透析に詳しいわけでもない…ので未知との遭遇への不安、としか答えられない。

しかしその未知へ不安の後押しが、せっせと食事の管理をしていく原動力になっているのは確かなので、透析の勉強は必要になってからで良いと思っている。
┐(´-`)┌ サキノハナシハ 鬼ニ ワラワレルシ…

尚、透析に至る期間の算出方法はCrの逆数の傾きで予測する方法の方が正確だと医師からは聞いている。
Crは毎回上下するために、何処の値で傾きを取るかによって結果もかなり振れるのが、最近1年間データの逆数での算出結果では10~20年後に透析(Cr=8)となっている。

因みに、私の計算方法で過去最悪の記録をしたのは2006年10月で、Crの増加に基づく計算では4年後、Crの逆数では1年後に透析予想となっていた。
その頃大いに落ち込んだのは言うまでもない。

これは、どんな高度な計算をしても予測は予測と居直り、結果を変えてみせると食事管理のアクセルを更に強く踏むきっかけとなってくれた事件だった。

« 体のあちらこちらが痛くなる | トップページ | 呑兵衛の独り言 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 透析開始は何年後?:

« 体のあちらこちらが痛くなる | トップページ | 呑兵衛の独り言 »

無料ブログはココログ