« 火星移住計画 | トップページ | 辛口カレーチャーハン »

2017年5月22日 (月)

本当にセリ(芹)?

我が家の鉢にセリが野生化したと以前のブログで述べたが、本当にセリなのかとの疑いが今も消えない。

理由は、ちぎった時の香の青臭さが強く、生で食べるとかなり苦いからだ。

特に先日、五本ほどちぎって炒め物に混ぜて食べたら、偶然かもしれないがその後しばらくお腹が痛くなった。

 

セリに似た毒セリは花の背丈が1m近く伸び、地下茎もタケノコ状らしいが、その特徴は無いのでその心配はなさそうだが、それでも食べられない雑草だったら困る。

 

キッチリかたを付けて安心して美味しく食べようと、スーパーでセリを買い、比較のために根と小葉を残した(他はトウゼン味と香りを確認しながら美味しく食べた)。

小葉で比較する理由は、自生のセリは背丈が低いが栽培されているセリは背が高いので、比較する対象として姿が違い過ぎるからだ。

 

残した根を水に浸し小葉が開くのを待ち、鉢のセリ(と思われる)の葉と比較してみた。

買ったセリ

Photo
 

鉢のセリ

Photo_2

多少の色の違いは有るものの、葉の形や並び方は同じ?

いや、違うような…いややはり同じような、う~ん…?

 

それでは、茎をつぶした時の香を比べてみよう。

鉢のセリ…とても青臭い、でもほのかに爽やかな香りもする…様な気がする

買ってきたセリ…ほのかに爽やかな香りがする

違いはあるけれど…う~ん??

 

最後の手段、生でかじってみよう。

鉢のセリ…苦みと青臭さが強い…でも爽やかな味もする…様な気がする

買ってきたセリ…苦みや青臭さは多少あるものの爽やかな味の勝ち

う~ん???

 

結局、鉢の植物と買ってきたセリとの決定的な違いは見つけられなかった。

という事は鉢のセリは本当にセリ?

本来セリは水辺に自生するらしいので、買ってきたセリと風味が違うのは、乾燥に耐えて雑草のごとく育ったセリなので味も香りも個性が強いという事か…

結局もう一度食べてみて、異常なければセリか否かは別にしても、私には食べられる植物(食物)、との結論を出すしかないようだ。

 

よ~しもう一度食ってみるぞ、人生は冒険だ…でも、とっ、とりあえずは一本から…にしよう。

(´し`; オソルオソル

« 火星移住計画 | トップページ | 辛口カレーチャーハン »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本当にセリ(芹)?:

« 火星移住計画 | トップページ | 辛口カレーチャーハン »

無料ブログはココログ