« 私のホームページに料理を追加 | トップページ | たまには、ざる蕎麦 »

2017年4月17日 (月)

抜歯で味覚は変わるの?その後

今回は、以前のブログ「抜歯で味覚は変わるの?」の続き。

味をしっかり感じられる側の奥の歯を痛めてしまったので、味をぼんやりしか感じない奥歯の無い側で食べていた。
そんな先日、思った以上に口の中に料理が入ってしまい、奥歯が無い(痛くない)側の口の奥に押し込み、口の中ほどで噛んでいたら、なんとしっかりと旨味を感じるではないか。
奥歯が無くて噛めなくてもモゴモゴすれば味わえるだ。
考えてみれば、口内の前半分しか使わなければ、舌の奥の酸味、旨味、苦みを感じる味覚受
容器 (味蕾)とやらが多い場所に食べ物が行ず、味が変わるのは当然だった。

これでやっと奥に食べ物を送れない原因となっている、噛んでしまうと恐ろしく痛い奥歯を抜く決心がついた。
思い立ったらすぐ実行(←短気の良い所)
行ったのは歯診療時間ぎりぎりではあったが、歯医者さんでその歯の抜歯の予約を取ろうとしたら医師は「今抜きましょう」と言うのだ。
「え~っ、今抜くの~」
そうと言ってしまった理由は私の夜食に、口はもうお酒を飲む準備をしてしまっていたからだ。
その旨を正直に伝えたら、医師もノンベーらしく「そりゃーそうだね」と暫らくお酒談義に花が咲き、無時にその日は治療のみとなり、抜歯を後日に予約をしてその晩は帰宅した。

抜歯が確定したが抜かれる歯は、生えてから現在に至るまで、虫歯にもならず頑張ってくれた臼歯なのに、早食いで食物を強く噛み続け(←短期の悪い所)、以前に歯の根から縦割れしてしまった歯だ。
それでも適切な処置をしてもらいその後も長い間頑張ってくれたのだが、割れた歯に突き刺され続けた歯茎がついにギブアップしてしまった。

抜歯確定の晩はその歯に感謝の意を込めて、今夜の口の中は私主催のお別れ会。
ゴシメイデスノデ く(^.^)_Uセンエツナガラ…カンパイノマエニ…カレトワタシハ…長々~々…
ハナシハトモカク…オツカレサマ ( --)_U""U_ (TT ) オセワニナリマシタ…
これで私はまた一つのハ(歯)とお別れだ…
Hasakura1
翌朝見ると、桜のハ(葉)は 増えていた…

« 私のホームページに料理を追加 | トップページ | たまには、ざる蕎麦 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 抜歯で味覚は変わるの?その後:

« 私のホームページに料理を追加 | トップページ | たまには、ざる蕎麦 »

無料ブログはココログ