« 完全無欠の私 | トップページ | 有酸素運動(水泳)の結果? »

2017年2月 6日 (月)

追われる夢

前回は再生医療の話が入り口となり、最後は夢暴走となってしまったので、今回は真面目に眠ってからみる、現実の?夢の話。

見る夢は、現実に近い夢から、意味不明な夢までいろいろだ。
夢の中で私が別の存在になっても何も違和感が無く別な世界を見られるのは、とてもお得感が有り、見ない夜は何となく損をした気分だ。

現在私が夜に寝ている時間は、平均的には7.5時間前後だ。
夜の睡眠が十分に足りているからなのか、それともトイレに何度か起きるからなのか、夢は一晩に沢山見る…ようだが…その中の多くの夢は、見た自覚が無いようだ。
そう思われるのは、子供たちの寝言をいろいろ聞くが、翌朝本人に寝言の事を聞いても、ほとんどは何も覚えていないからだ。

見た記憶が有る夢も多くは内容が奇想天外だったり、脈絡のない短い夢だったりして、内容を系統的にとらえるのが不可能なためか、起床後直ぐに忘れてしまう。
覚えていられる夢はストーリー性のある物が主だが、いろいろ見る夢の中には内容的に似ているものが幾つかある。

その一つが戦う夢。
まだ若かった頃に見た夢に、ライオンや熊などに追いかけられる夢が有ったが、その頃の夢の中の私はただ逃げ惑うだけだった。
特徴的には夢に登場する脅威は実在する猛獣が主体で、化け物の様な想像の類は出てこない。

脅威が何であれこの逃げ惑う夢は必死に体を動かすので大変疲れる。
夢好きの私でも、もうこの夢は見なくてよいと決心し、今度この追われる夢を見たら正面から戦いを挑み死んでやる~、と本気で居直った数日後に、何故かまたしてもワニに襲われる夢を見てしまった。

覚醒時の決心は何処へやら、逃げ惑っていたら私の子供がそのワニに飲み込まれてしまったのだ。
私は驚き絶叫をして両手を天にかざすとその手には光りを発する剣が握られていた。
誤解の無いように弁解するが、ダースベーダが生まれてくる前の頃の夢の話だ。
(`へ´) パクリデハナイ
ワニに立ち向かいその剣を振り下すと、ワニの首はスッパリと切り取られ、その口の中から無事に我が子を助け出す事が出来たのだった。
(*^□^)バ メデタシメデタシ

夢の中だとは言えワニに戦いを挑んだこの夢が、小心者で頼りない父親だと自覚していた自分に、何となく勇気を与えてくれた事を未だにも覚えている。
考えてみると、この夢の中で救われたのは我が子ではなく私だったようで、その夢以降はただ追われるだけの怖い夢は殆ど見なくなった。
m(_ _)m アリガトウ…コドモニ カンシャ

この追われる夢は、当時の納期に追われる仕事が原因だと、自分なりには分析していた。
ところが、大して忙しくなくなった頃から、追われる夢を再び見るようになった。
以前と違うのは、私は果敢に敵と戦い個々の戦いに勝利はするが敵は沢山いて戦いに終りは無く、覚醒するまで続くのだ。

この戦いづける夢は多分、完全勝利のない腎不全との戦いの、夢バージョンなのだろうと、自分なりに分析をしているのだが…

他にも夢の話には事欠かないので、ブログ更新に行き詰ったらネタにするつもりだ。
(―"―) ト イウコトハ…
( ̄Д ̄;; コンカイモ イキヅマッタ トイウコダネ?
私→ =´o`;= マア…ソノ~ バレタ?

« 完全無欠の私 | トップページ | 有酸素運動(水泳)の結果? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 追われる夢:

« 完全無欠の私 | トップページ | 有酸素運動(水泳)の結果? »