« 癌細胞 vs 空腹 | トップページ | 一週間、早すぎる~ »

2016年12月 5日 (月)

柿の実とプレーンヨーグルト

私の朝食がどのような内容かは、私のホームページ「朝食セット(ご飯編)」で紹介しているが、朝食メニューには果物を入れるようにしているので、この季節になると柿(の実)が私の食事に出て来る機会も増え、味わう度にかつて観てきた、実をたわわにまとった柿の木の有る風景が思いだされる。
(* ̄ー ̄*) ナツカシイナ~

朝食に必ず果物を食べようと決めた理由は、栄養バランスを考慮しての事だ。
果物は、美味しいとは思う(干し柿はちょっとビビる→「死ぬかと思った」)が、自分から食べたくなる食品ではないからだ。

似たような理由で、プレーンヨーグルト(又は牛乳)も朝の定番にしているが、一般的な加工乳製品は、蛋白とカロリーや塩分のバランスが私の非力なメニューではチョット扱いづらい事もあり食べる機会を逃しがちなので、これも敢えて朝のメニューに固定している。
但し、とろけるチーズを使う私の「ピザ風ご飯」はとても美味しく、好んでよく食べる。
パチパチ  "八(^□^*) ← 自画自賛

朝食メニューを食べる順番は穀類の主食を味噌汁とおかずで食べた後に、酸っぱいプレーンヨーグルトを食べ、酸っぱさに口を慣らしてから次に果物を頂くようにしている。
家族からは「ヨーグルトと果物は混ぜると更に美味しいよ」と勧められてはいるが、それをずっと拒絶し、別々に食べていた。

拒絶した言い訳は「食品の個々の味を満喫したいから」だが、それも一部はあるが、本音は、成分を計算する煩わしさから単調な食事になりがちなので、せめて朝食の品数だけでも少しでも増やし、見た目をリッチにしたいとのいじましい気持ちによるものだ。

そんな朝食風景での先日、柔らかくなり始めた柿を食べている時に、プレーンヨーグルトがまだ残っていた事に気がつき、何気なく柿にからませて食べたら味オンチな私が驚いた。
プレーンヨーグルトの味、そして柿の味…その両方の味が絡んだ時…お互いの味の角がとれたと言うか…雑味が消えたと言うか…う~ん…まろやかな酸味と甘みに変わり…まるで遠い昔の秘めた初恋のような??…ん???
( ̄◆ ̄;) ヒメタハツコイ? シタッケ?
…まあ、早い話がとても旨い。
(;^_^A

柿以外の果物とプレーンヨーグルトの合わせにはない味の変化だった。
とは言え、家族の提案(フルーツヨーグルトにする?)を拒絶し続けていたので、今さら混ぜて器に盛るのは私のメンツが立たない。
よって、今迄通り別々に器に入れ、柿の場合はコソコソとプレーンヨーグルトに一つずつ絡めて食べている。
(`⌒´) ドウタ  ←   (←_←;) スナオジャナイネ…

« 癌細胞 vs 空腹 | トップページ | 一週間、早すぎる~ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柿の実とプレーンヨーグルト:

« 癌細胞 vs 空腹 | トップページ | 一週間、早すぎる~ »

無料ブログはココログ