« 体重増加ストップ計画実施中、順調かな… | トップページ | 一年間、早すぎる~ »

2016年12月25日 (日)

長ネギの青い部分を一品料理に

関東と関西では好まれる長ネギの色が異なるようだ。
しかし私にとって長ネギは白青に関係なくオジサンになるまで大嫌いな食べ物だったので、それまでは興味のない話題だったが、ネギラーメンの上に乗った白髪ネギの旨さに驚き、それ以来長ネギは白組のファンとなった。
知った以降に買うようになった長ネギの青組の運命は、汁やスープのダシ用に使用後に生ごみ行きと冷遇されていた。
Naganegi先日TVを観ていると、長ネギの青い部位の内側に付いているネバネバが大変健康によく、収穫したばかりのネギの青い部位は美味しく甘味が有るとか言っていた。
ミーハーの私も健康に良いと聞いては腎臓がうずくので、早速青い部分を少し切って口に放り込みかじると「辛~い~ッ!!!!!!」…。
予想と言うか…期待と言うか…覚悟していた味とは全く違っていた。
長ネギの種類もいろいろ有るが、私の買うネギの青の辛さは、白の部分よりかなり強く感じられた。

しかし、この齢になって初体験したこの辛みを辛党の私としては見過ごせない。
なんで今まで食べなかったのかと不思議に思い、青い部分を大きめな斜め切りにして味噌汁の具に入れ、煮て食べてみると「まず~い!!!!!!」。
好きな人にはゴメンナサイ、でも私が長ネギの青い部分を嫌っていたのは正にこの味と噛み心地だった。

青の部分を味噌汁で食べるのは諦め、生ネギの青い部分をもう一度薄く輪切りにして口に放り込むとやはり辛くて旨い…が、辛みが強すぎて味がちょっと単調だ。
そこで長ネギの青部分をおかず用に味付けしてみた。
・青の部分を薄く輪切りにして、
・味付けはダシ割醤油(長ネギ10gに対して5g程度?)
・次にお好みの量で鰹の削節と唐辛子をパラパラ
・更に昆布の乾物をハサミで千切りにする
(昆布を縦に切って割れてしまう場合は、水を指に付け昆布になすりつけて少し待つと切りやすい)
それらを混ぜて冷蔵庫に入れ、昆布が柔らかく粘りが出るまで(私の昆布は一晩)待つ。
Naganegiao辛党向けの味付けだが昆布から出たネバネバでご飯にのせてもしっかり絡まるし、単独で食べても酒のつまみにバッチリだった。

これで長ネギ完全攻略?
いや待て、長ネギの根っこが少し残る固い部分は切って捨てているが、これも食えるの?
等とのんきな事を言っている内に今年最後の週に突入した。
サンタの格好はしなかったけれど、袋から出した皆それぞれのイメージに合わせたオマケとチョコレートを配り、今年の私のお勤めは無事終了。

今年最後のブログは何と書こうカナ~…

« 体重増加ストップ計画実施中、順調かな… | トップページ | 一年間、早すぎる~ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

今度はネギ料理研究ですか、、??
ただいま、おふくろさんは、低たんぱく、減塩、高カロリの
宅配食+かみさんの付け合わせの食事です、、
結構、美味しいとか、、よかった、、
とにかく満腹にはなっているようです、、

低塩の味に舌が慣れたら、お気に入りの料理を考えたくなります。
味を自分で決めれば、自信を持って美味しいと思えるからね。
お母さんの件、本人はもちろん家族もいろいろ不便が加わると思うけれど生きている限り不自由は付き物なので、いろいろ克服してきた君達だから何とかなるでしょう。
お母さんが満腹と聞いて安心です。
腎機能の具合では、リンやカリウムなど制限が多くなるけれど、まずは楽しい範囲で始めましょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長ネギの青い部分を一品料理に:

« 体重増加ストップ計画実施中、順調かな… | トップページ | 一年間、早すぎる~ »

無料ブログはココログ