« 貧血が改善? | トップページ | 今回も飽きずに心房細動 »

2016年5月20日 (金)

お酒と心房細

腎機能が主題のブログなのに何故か今回も懲りずに「ストップ マイ心房細動」の話だ。
(;^_^A マイド~

私の心房細動が発症するタイミングを多い順に並べると、
・夜、目を覚ました時
・夜、眠りに入る時
・浅い眠りの時
となる。
他にも発症する場合は有るが多くはない。

webに公開されている心房細動のブログを参考にすると、発症のきっかけが明確な人もいて、だから××をやめたと書かれているものも有った。
しかし私の場合は、眠る・目を覚ます、がきっかけなので避けることは出来ない。

原因がお酒との人もいたので、お酒大好きな私としては少し気になり、お酒と心房細動の関係を、過去約290日間の自分の記録から集計すると下記のような結果となった。

飲酒量g 酒の種類 発症確率 該当日数 発症日数
    0       飲まない    9.1%         11      1
  350      ビール    11.1%         90     10
  160       日本酒     7.1%         70     5
  100        焼  酎     3.0%          67      2
   60   ウイスキー    9.3%          54      5
項目の意味は以下の通り。
「飲酒量g」: 晩酌での飲(重)量で、それぞれの量の根拠はアルコールを摂りすぎない程度のことで、特別な理由が有るわけではない。

「酒の種類」:晩酌で飲む酒の大まかな種類で、銘柄もアルコール度数もまちまち。
勿論、一日で飲むのは上記のお酒の種類のどれか一品…だが、チャンポンの日も、多めに飲む日も稀 (←_←?)にはある。
"く(´o`;) ホントウニ 稀 デス

「発症確率」:=「発症日数」÷「該当日数」の%表示

「該当日数」:それぞれのお酒を晩酌した日数、ただし酒の種類の中で、飲まない、と書いた日は禁酒日。

「発症日数」:心房細動を止める試みをしたにもかかわらず止まらずに、連続して10分以上続いた場合の日数。

ビール飲酒時の発症確率が高いのは体感と一致していたが、焼酎の発症確率が最も低い事は、この集計で初めて知った。
それではビールをやめよう…と言う事にならない。
(―"―) トウゼン
辞めない理由を私のノンベー脳細胞が、たかが一割強程度の発症率ではやめる気にならないし、それに飲酒をしていない日だって一割弱は発症している、と主張している。

しかし飲まない日数は少ない上に発症したのは1日限り、これでは飲酒の有無と心房細動の関係の統計としての信頼性は極めて低い。

マア…それにしても良く飲んでいる…たまには休肝日…と、これもたまには思うのだが…
(▼▼) ミッション マジ インポッシブル

という事で、心臓君に遠慮無く酒が飲める。
( ~ω~ ) _U" アツイヒハ ヤッパリ ビール…ルン♪
ヽ(´▽`)_▽"メデタシ メデタシ…

という事で、今回またしても心房細動対策は見つからなかった。

« 貧血が改善? | トップページ | 今回も飽きずに心房細動 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お酒と心房細:

« 貧血が改善? | トップページ | 今回も飽きずに心房細動 »

無料ブログはココログ