« 家族旅行と私の食事 | トップページ | 不整脈と寝不足と水不足 »

2016年4月 8日 (金)

ハムスターが病院へ

ハムスターの飼育係(以降ハムママ)が最近ハムスケに元気がないのではと心配をし始めた。
特に、ハムスケの胴の左右側面に、毛が生えていないおできの様なものが有る事に気が付いてからは、病院に連れて行きたいとしきりに言うようになった。
私は「診察費は高いよ」と告げたが、自分が払うからとハムママの決意は変わらない。

Webで動物病院を探すと何件か見つかったが、その多くは犬猫専門だった。
その中の一つの病院に電話して、受付の人にハムスターを診てもらえるかと尋ねると、親切に我が家近くにある小型動物専門病院を教えてくれたので、そこに電話予約し早速ハムスケとハムママを連れて行った。

初診なので書くように言われた問診票が二枚あり、記入項目はいっぱいだが、ハムママがさっさと書き込み提出する様子を見て、子供だと思っていた子が、いつの間にか逞しいハムスケのママになっていた事を改めて感心してしまった。

診察の結果は異常ではなく、正常な分泌腺(臭腺?)なので心配はなく、又、とても元気だと告げられてホッとした。
会計待ちで椅子に座っていると、「ハムスケさ~ん」と呼ばれて、ハムスケが「ハ~イ」と返事する……訳ないと気が付き、私があわてて「ハッ、ハ~イ」と立ち上がったが、何かスッゴクへんだ。
思わずまわりの目線が気になり「私は…その…ハムスケと言う名ではありません、ただのハムママの付き人でして… ^^;」と言い訳したい気分になった。

大分以前、他の動物病院だが、猫を何度も連れて行った事は有るが、猫の名前で呼ばれた記憶は無く、昨今はペットの名前で呼ばれることが常識なのだろうか。
ハムスケの名前を決める時に私が「アルフォンヌ・ルイ・シュタインベック三世(コミックのパクリ)」なんてどうだと主張したが、病院でその名前で呼ばれると思うと、採用されていなくて良かったと胸を撫でおろし。
今後動物に命名する時は、呼ばれても恥ずかしくない立派な名前にしなければとつくづく反省した。

受け付けで告げられた診察料は、ハムスターが3匹買える金額だった。
でもハムママは「病気でなくてよかった」と言いながら、大事にとっておいたお年玉で払おうとした。
ヽ(´▽`)_▽"アッパレ
私の負け…ペットと共に暮らす事、命の大切さ…しっかり分ってくれたようだから、今回はハム爺(私)が払った。
アマイ p(#--)==0☆(*@_@*)

« 家族旅行と私の食事 | トップページ | 不整脈と寝不足と水不足 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハムスターが病院へ:

« 家族旅行と私の食事 | トップページ | 不整脈と寝不足と水不足 »

無料ブログはココログ