« 運転免許証…返上しなきゃダメ? | トップページ | クラゲ »

2015年12月 8日 (火)

日本人お断わり

その店の前に「日本人お断わり」の札がかかっているそうだ。
日本人が大嫌いな国の話ではなく日本での出来事だ。
「人種差別だ、許せない(怒)」と思う前にその内容を確認すると、日本の外食産業に外国人客に特化した店が増えているとのニュースだった。
外食産業は、イスラム教徒向けのハラール食品に挑んだり、外国人専用の店にしたり、外国人取り込みに躍起だ。

日本で日本人が他国や他宗教であることを理由に入店禁止にしたら国際問題になるだろうが、日本人が日本人を入店お断りにしても問題にならないのは不思議だ。
それにしても、そんな店に外国人のふりをして入ろうとしたらどうなるのだろう…
( ^ω^ ) キョウミシンシ

そんな顧客獲得に必死な外食店でも、腎不全患者を積極的に獲得しようとしているとのニュースには巡り合わない。
それは敬遠されているのではなく、対処の方法を知らないからだろうと私は考えている。
私のわがままな料理を提供してくれた旅行中の民宿で、そこの奥さんから、腎不全の人への料理のポイントについて色々質問が有り、私の分かる範囲で答えた事があった。
会計の時に「大変参考になった」と礼を言われ、その上に宿泊料金をまけるとまで言うので、世話になったのは私だと固辞して正規の料金を支払った記憶が有る。

又、規模の小さい、客の注文を受けてから料理する外食店ほど、「何々を入れないで…」とのお願いが主だが、その要望を聞いてくれるのはこんな私でも顧客にしたいとの意思が有るからだと思うので、いつの日か「日本人お断わり」ではなく「食事療法中のお客さん歓迎」の札をかけた店が出来るまで、これからも細々と要望の種をまき続けよう思う私でした。

« 運転免許証…返上しなきゃダメ? | トップページ | クラゲ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本人お断わり:

« 運転免許証…返上しなきゃダメ? | トップページ | クラゲ »

無料ブログはココログ