« 素人が料理をすると | トップページ | リボベジと言うらしい »

2015年10月31日 (土)

何故かクレアチニンが…

先日の歯痛の治療として受けたフロモックスの点滴後に、腎臓への影響を心配しながら緊張して腎機能の定期健診を受けたが、結果は血中クレアチニン値が前回の1.5台から1.3台にストンと下がった。
振れの範囲ではあるが最近は上昇傾向だったので安心はしたものの、何故下がったのか考えてみた。
思いつくのは検査の早朝に発症した心房細動だ。

心房細動を発症している間、私が頻尿になることはブログで何度か述べた。
医師より、利尿剤を飲むとクレアチニン値が一時的に下がると聞いた記憶が有るが、私の心房細動時は30分間隔でトイレに駆け込むから利尿剤を飲んだ場合と、尿が多量に出ると言う点では同じだ。

失われた腎機能は、急性の場合を除き回復しない…頭では分かっていても、クレアチニンの値が下がった時は毎度奇跡を期待し、後の値上昇で落胆する…毎度おなじみのパターンになるだろうとの覚悟はしつつも、何故か次の検診に期待してしまう懲りない私につくづく感心してしまう。
ツギノ ケンシンガ (◎^0^◎) マチドウシイ

« 素人が料理をすると | トップページ | リボベジと言うらしい »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何故かクレアチニンが…:

« 素人が料理をすると | トップページ | リボベジと言うらしい »

無料ブログはココログ