« 海で泳いだ | トップページ | 頂上を目指す者 »

2014年8月11日 (月)

海水浴での怖い話

 前回、海で泳いだ事をブログに書いている時、海の事をいろいろ思い出した。
今回はその中で、過去に怖い思いをした事をまとめてみた。

 昔々のある日、オジーさんと…ではなくまだ私が若かりし頃……
海で素潜り中にふくらはぎがつり、溺れそうになった。
その時は、陸上選手がつった足を「つま先を両手で引っ張って」対処していたのを思い出し、浮きながら、縮まり続ける筋肉を強制的に引いて伸ばし、何とか収まってくれた。

 又、昔々の別なある日
朝、誰もいない浜から、友人と二人で大きなエアーマットに乗り、海面で暫く空を見て寝転んでいたが、気が付くと四方見渡しても陸が無い。
w(゚o゚)w ココハドコ
(;一0一) <オキロ~ッ (~o~) ムニャムニャ
友人を起こし二人で見渡したが結果は同じで「愕然」と言う言葉がピッタリだった。
体力には自信が有る二人だったが、太陽もほぼ真上で向かうべき方向が分からない。
オロオロして必死に陸の方向を探していると、大きな波のうねりの上になった時、山の上の木の頭がチョット見えた。
岸にやっと戻れたのは夕暮れ、二人とも砂浜にのびたまま体中の痛みで暫く動けなかった。

宿泊した宿の主人が懐中電灯を持ち探しに来てくれたが、遭難届を出す直前だったとの事だった。
ホントウニ オサワガセ シマシテ m(_ _)m←少年A とB→m(_ _)m ゴメンナサイ

 またまた別な昔々のある日
岩場で磯遊びをさせていた私の家族とその知り合いの数家族が、小さな子供と共に突然の高波に全員さらわれ、背の立たない海に吸い込まれていった。
私は既に海の中で遊んでいたので波の被害は無かったが、海に投げ出された全員をどのように助けて良いのか迷い、一瞬呆然となった。
幸いその磯にいた多くの大人が海に飛び込み、助けてくれて大きな事故にはならなかった。
m(_ _)m タスカリマシタ

皆、不運の中の一筋の幸運に助けられてきたと改めて思った。

その他にも、低い岩から海に飛び込むと海面全部がクラゲだったり、
ビリビリ チクチク  ドヒャ~ (><@)
深い海で泳いでいるのに、泳ぎでけった足にドスンと重い何かが当たったり、
エッ?ナニ?コワイヨ~!!~(゚ロ゚屮)屮
潜って岩を周っていたらいきなり巨大(に見えた1m程度の)鮫と鉢合わせしたり、
ワタシハ マズイヨ~(@O@;)へヘ

海には危険な事がいっぱいだ。
我が家の子供達を海で自由に遊ばせられないのは、多分これら経験によるものだろう。

それでも海には楽しい事がいっぱいで、理由を見つけて私の腎臓君のご機嫌をうかがいながら、来年も海に行きたいと思った。

« 海で泳いだ | トップページ | 頂上を目指す者 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海水浴での怖い話:

« 海で泳いだ | トップページ | 頂上を目指す者 »

無料ブログはココログ