« 歯が割れた | トップページ | 夢の中へ »

2014年6月 7日 (土)

さえずり

天気が良くて暑い先日、身の回りの整理をしながら、クラッシック音楽を流していた。
音楽の種類にこだわりはないが、クラッシックは一曲が長く、何度聞いても飽きない(覚えられない)ので、何かをしながらにはもってこいの音楽だ。

CDをかけて少し経つと開け放されたべランドの隣にある木から、何とも美しい鳥の鳴き声が聞こえ、それが音楽と重ね合わさり、まるでオーケストラをバックに歌っているようだった。
熱唱は1分弱続いたろうか、あまりにも美しいコラボに鳥の姿がどうしても見たくなり、そっと外を覗いた瞬間に羽音がして姿を見る事が出来なかっただけではなく、しばらく待っても二度と同じコラボはなかった。

残念、もう少し聴きたかった。
後悔何とやら、覆水なんとやら、まるで、ハタを織る娘の姿見たさに覗いてしまい、鶴に2度と会えなくなった物語「鶴の恩返し」のおバーさんの気分だ。
(-"-)ジーサン ダッタ カナ?

諦めきれずに、記憶している鳴き声と、我が家の周りで身近に見かける鳥を頼りに調べたら、メジロの「さえずり」に一番似ていたが、もっと美しかったような気もする。
逃がした魚(鳥)は何とやら…ことわざが次々思い浮かぶのは、昔も今も人の業は変わらないと言う事か。

« 歯が割れた | トップページ | 夢の中へ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さえずり:

« 歯が割れた | トップページ | 夢の中へ »

無料ブログはココログ