« 夜のショー | トップページ | したたかな細胞 »

2014年4月 5日 (土)

せり(芹)を二度味わう

サッと熱湯に潜らせた、せり(芹)の爽やかな味と香りと歯ごたえはたまらない。
しかし、我が家で好んで食べるのは私だけだ。
芹は日持ちが悪く、冷凍しても変色するので、鍋料理の具として食べきってしまうようにしていた。
温かくなり桜も満開になる最近では、鍋料理と共に芹を食べる回数も減ってくる。
Photo  

Photo_2

←(これは桜花を水に浮かせたもの)

先日、野菜売り場でご無沙汰の芹と目(?)が合い、我が家に連れて帰った。
味噌汁の準備で切り落とした、生命力にあふれる根の存在感に押されて、有り合わせのビールジョッキに根の入れ、しばらく楽しむこととした。

二週間ほど、先が浸る程度に水を保ち続けたら、芹は水と曇りガラス越しの光だけで、背伸びをするようにスッと成長してくれ、窓からの明かりを背景に、透き通るような緑で目を和ませてくれた。
そこで、可憐な芹たちに「ハイチーズ」

Photo_3

の後「はいチョッキン」…目だけが楽しむのはもったいないので、出来上がったアツアツの味噌汁にポイと落とした芹を噛むと、良い香り~…でも…チョット罪悪感が残るのは何故?
(-人-)ユルシテ…

奥外の土に植えている芹の根もあるが、水不足での雑草との戦いは熾烈なようで、成長がとても遅く、とりあえずは命拾いをしている。

芹としてはどちらが幸せなのだろうか…
( ^ω^ ) ワタシテキニハ…ゼンシャ

« 夜のショー | トップページ | したたかな細胞 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: せり(芹)を二度味わう:

« 夜のショー | トップページ | したたかな細胞 »

無料ブログはココログ