« 小型人工血液透析 | トップページ | バタフライモドキ »

2014年3月15日 (土)

クレアチニン

 かつての扇風機の送風から有名になったが、自然界には揺らぎがつきものだ。

三寒四温の揺らぎから、やっと春らしい陽気となったのは嬉しいが、血中クレアチニンの値が上下を繰り返しながら徐々に上がり続けていくのは嬉しくない。

 

先日の定期健診で血中クレアチニンの濃度がポンと上がってしまった。

医師は誤差範囲だと慰めてくれたが、心穏やかではない。

腎機能が限界まで低下した場合の治療方法は、現在では腎臓移植や透析が主流だが、最近は再生医療や携帯可能な透析器の進歩が速く、選択肢は広がりつつある。

ただ、選択肢が増えると…どれを選ぶか悩みも増える。

今の治療は高度すぎて、知識のない私に選べと言われても、正しい選択は出来ないので医師から、

「はいコレ」┐( ̄ヘ ̄)

と言われた方が、小心者の私には心穏やかかもしれない。

 

現在の食事管理を続けるかぎり、透析には至らないと言われているが、結果は一生自由な食事ができないと言う事だ。

その予想が外れて透析に至ったとしても結果は同じだ。

努力しても近々に透析になるのなら、それまでは自由な食事や旅行をしたい。

透析前も開始後もグルメを通した人と会った時は、食事管理への決心も揺らいだ。

 

思いがいろいろ揺らぐのは、私の思考回路も自然界の産物だから…?

=^o^= モウスグ サクラガサクニャ~

« 小型人工血液透析 | トップページ | バタフライモドキ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クレアチニン:

« 小型人工血液透析 | トップページ | バタフライモドキ »

無料ブログはココログ