« 不整脈は気まぐれ | トップページ | 浴室のドア »

2014年2月21日 (金)

増殖する乾物

低塩料理にしてからは、グルメではない私でもダシ味にこだわる様になった。
ダシは顆粒の物も使うが、近年は乾物からダシをとる事が増えた。
乾物は塩分(ナトリウム)無添加の物が主体だが、素材にはナトリウムや蛋白が含まれるため、一食での使用量を1g前後としているので、顆粒の物より圧倒的に安い。

安価につられ、旨そうな乾物が有るとついつい買ってしまうが、一度購入するとなかなか量は減らない。

つい最近、在庫品と産地の異なる昆布を買い、引出に入れようとしたが満杯で入らない。
あらためて中身を出してみた )゚ο゚)ゝ ドレドレ
ナント、鰹節、煮干し、昆布、とろろ昆布、あおさ、岩のり、ヒジキ、椎茸、えのき、等の乾物が出番を待っていた。

今までは、毎朝の味噌汁ダシにのみ乾物を順番に使っていたが、このままでは私が生きているうちに使い切れる量ではなさそうだ。
それではもったいないと乾物の炊き込みご飯を作ってみら美味しかったので、ホームページの「低蛋白米にコクを持たせる」に紹介した。
こうすると、私の使用している低蛋白米より更に低蛋白なご飯で試しても美味しいとわかり、乾物をいろいろ変えて楽しんでいる。

鰹節や煮干しのような高蛋白な具以外は、だし汁と共に味噌汁や炊き込みご飯の具となり、私の胃袋に入っていくので、食材としては本望だろうと勝手に思っている。
戻しの時間が多少必要な乾物は、私は食べる前日の夜から水につけて冷蔵庫の中でダシをとっている。
この水だし方法だと、エグ味や香味が強く出る乾物もあるが使用量は所詮1g前後なので、私はエグ味も味の内と満足している。

美味しく食べるための工夫として私のブログ「増殖する調味料」でも記載したが、自分の為の美味しい料理を諦めずに日々のドタバタすることが、不便は有っても味への不満は無くしてくれていると思っている。

« 不整脈は気まぐれ | トップページ | 浴室のドア »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 増殖する乾物:

« 不整脈は気まぐれ | トップページ | 浴室のドア »

無料ブログはココログ