« 記録的大雪 | トップページ | 増殖する乾物 »

2014年2月15日 (土)

不整脈は気まぐれ

発症当初の頃は半日から丸一日も続く、心臓が暴れるような強い不整脈で、病名は突発性心房細動だった。
最初に投与された薬では効果がなかったが、別な病院で投与された抗不整脈剤を開始してから数年間は嘘のように治まっていた。

その薬は、ほかの抗不整脈剤が使用できないか効果が現れない頻脈性不整脈に対して投与される種類だと、Webでの説明書に記載されていた。

しかし、数年前から突然不整脈が再発した。
ただ、不整脈の様子は当初とは少し変化していて、心臓の暴れ方がおとなしくなり、又、継続時間も1~2時間程度と短くなった。
発症するのは、夜間ウトウトし始めた頃か覚醒する時に集中していて、頻発するようになったので24時間心電計を装着したが、結果では上室性期外収縮と言う病名が新たに加わった。

致命的ではないとの事だが、発症の間隔がどんどん短くなり、時々毎晩出るようになると、今夜も出るのではないかとの不安も加わり、睡眠不足の夜が続くようになった。

そこで医師と相談して、薬の量や種類を増やすと腎臓へのリスクも増えるため、今飲んでいる心拍を安定させる薬の飲む時間を夜に変える事とした。
又、我流だが夜間目を覚まさない工夫をいろいろしたが、いずれも効果的と言えない。
ヽ(`⌒´)ノ ドウスレバヨイノダ~~ッ
断腸の思いでお酒もやめてみたが幸運にも?効果は無かった。
(^^;) ヨカッタ
当然お酒は直ちに再開  ( ^.^)_U サケナクテ…

色々やったが不発、慣れるしかないかと諦め始めた頃、夜間のしつこい不整脈が忽然と無くなった。
もしかして対策が実ってこのままと期待し始めた頃を見計らったかのようにまた発症、、やはりだめかと思ったら一月二十四日以降、短い頻脈や除脈は時折出ているが、睡眠を妨害するような不整脈は今日まで発症していない。
不整脈が出るのは、突然?偶然?それとも必然?…♪

« 記録的大雪 | トップページ | 増殖する乾物 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不整脈は気まぐれ:

« 記録的大雪 | トップページ | 増殖する乾物 »

無料ブログはココログ