« 適正な蛋白摂取量 | トップページ | 高付加価値の時代 »

2013年11月 2日 (土)

不整脈対策

私の不整脈が「迷走神経依存型」らしい事は以前にもブログに書いたが、この迷走神経に作用し、脈を強くして脈拍を鎮める薬の服用を朝から夜に変えてみた。
理由は、最近の私の不整脈が
・早打ち
・発症が殆ど夜
・最近頻繁に出る
・眠りに入る瞬間に発症、立ち上がると収まる、を繰り返すので、睡眠に支障がでる
からだ。

変更した結果は不整脈の起きない夜が暫く続いたが、最近再び続けて発症した。
眠りが浅くなったように感じているが原因が、不整脈が原因なのか薬を夕食後に切り替えたからなのかはっきりしない。

最近の発症は、心拍数がかなり早い状態(風呂で温まった直後や急いで夕食と晩酌を澄ました直後、等)からすぐに眠りに入る時だったので、以降は心拍数が正常値に落ち着いてから睡眠に入るようにしたら、単発的な不整脈しか起きていない。

どちらかと言うと好転しているように思えるので、この飲み方を続けようと思っている。

« 適正な蛋白摂取量 | トップページ | 高付加価値の時代 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しています
心房細動、再発が1週間ごとの間隔で私も悩まされています

服用する時期、朝から夕か、自分の症状にあわせて正解かも知れません

私の場合は晩酌は日本酒なのですが最近オチョコ1杯でも発作の引き金になることと、昼食後30分位で発作が起きるケ-スが目立ち、昼食後は健常者でも心拍は速くなるようです

私は現役時代からの癖というか速めし喰いなのです、それが心臓の洞調律に何らかの影響を与えているのではないかと素人考えですが、と思い、ユックリ時間をかけて食べるようにしています

なんかそれから調子が良さそうです


晩酌も11/1から基本的に止めました
サンリズムカプセルを朝夕の2カプセル服用しています

私はs14年生まれの74歳です、manpukさんはもっと若いのかもしれませんね、札幌に住んでます

2013.9.6に3ケ後腎臓内科検査がありましたが、食事療法の効果で、尿たんぱく1日当たり0.31g/dlで腎生検基準0.5g/dlクリア-、鮮血マイナス、尿素窒素15.5 尿酸5.4 クレアチニン1.11で次回は半年後となりました

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不整脈対策:

« 適正な蛋白摂取量 | トップページ | 高付加価値の時代 »

無料ブログはココログ