« 失敗は成功の入り口 | トップページ | イプシロンロケット »

2013年9月 6日 (金)

上室性期外収縮

私を苦しめている「突発性心房細動」と思っていた不整脈の様子が以前とは変わってきている。
夜間に発生するのは同じだが乱れ方が以前に比べると…静かと言うか…力ないというか…。
不整脈も歳相応になるのか…なんて感心している場合ではなさそうなので、ホルター(24時間心電計)を装着し、調べる事とした。

しかし、私を悩ましている数時間連続する連日発症した不整脈は、装着中には残念ながら??発症せず、ホルターを外した当日の真夜中に連続四時間も発症した。
私の不整脈は、飼い主に似てかなり人見知りをするようだ。
┐( ̄ヘ ̄)┌ 

その心電図を持参し定期健診を受けた結果、単発で発生しているのはお馴染み「心室性期外収縮」、短時間だが連続して発生するのが「上室性期外収縮」との所見が出たが、数時間に及ぶ不整脈の種類の確定はできなかった。

「上室性期外収縮」との診断名は今回が初めてと記憶しているが、正常な脈の役割も果たしているので、現状の程度では特に治療する必要はないようだ。
又、腎機能、血液像などの状態は、いつもの通り医師より「変わらないですね~」の一言でおしまいだった。
暑くて水分不足気味な夏だったが、マイ腎臓はそれをしのいでくれたようで、とりあえず安心した。

« 失敗は成功の入り口 | トップページ | イプシロンロケット »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上室性期外収縮:

« 失敗は成功の入り口 | トップページ | イプシロンロケット »

無料ブログはココログ